ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展-開かれ進化する伝統とその先-」

建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展-開かれ進化する伝統とその先-」

投稿日 : 2019.12.13

東京都

ホテル関連ニュース

寺田倉庫株式会社が運営する建築倉庫ミュージアムは、2020年2月8日(土)から5月31日(日)まで、展示室Aにて企画展「クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-」を開催する。

11のクラシックホテルが集結、100年の変遷とこれから

出典:寺田倉庫

近年、日本各地では2020年に向けた訪日観光客の増加を見込み、ホテルの建設ラッシュが続いている。一方、明治期の近代産業発展とともに黎明期を迎え、100年の時を越えた今なお現役の「クラシックホテル」は、開国したばかりの日本において外交の場としても重宝され、その後も時代のニーズに応じて文化的な役割、建築的な機能を変えていくことで、今日の日本のサービスの礎を築き、古くから続く老舗旅館や温泉宿にも大きな影響を与えてきた。

同展では、ホテルの原点とでもいうべき日本を代表する11のクラシックホテルを中心に、その変遷を辿るとともに、建築空間に積み重なる”ものがたり”に焦点を当てる。

クラシックホテルは創業者やホテルを取り巻く人々の強い想いや思考とともに、今日まで生き続けている。同展会場では長い年月をかけて紡がれ、そして今後も継承されるべきクラシックホテルの魅力を、建築図面や写真、映像・言葉・グラフィックなど様々な角度から体感できる展示構成を予定しているという。

出典:寺田倉庫

【同イベント 概要】
展覧会名:クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-
会期:2020年2月8日(土)〜 5月31日(日)
会場:建築倉庫ミュージアム 展示室A(東京都品川区東品川 2-6-10)
開館時間:火〜日 11時〜19時(最終入館 18 時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
*障害者手帳を持つ人とその付添者1名は無料。
*それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等を掲示。
入場料:一般 3,100円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円

主催・企画:建築倉庫ミュージアム
特別協力:砂本 文彦
企画協力:吹野 晃平、川口 貴仁、清水 彩香、河内 彩
展示協力ホテル:
日光金谷ホテル、万平ホテル、奈良ホテル、東京ステーションホテル、ホテルニューグランド、蒲郡クラシックホテル、リーガロイヤルホテル(大阪)、雲仙観光ホテル、山の上ホテル、京都ホテルオークラ、学士会館
展示協力:今里 隆/澤野 眞一/蒲郡市博物館

【合わせて読みたい】

万平ホテル「アルプス館」が国の登録有形文化財に

東京ステーションホテル、仏の香水ブランドとアジア初コラボ

東京ステーションホテル、SLH最優秀グルメホテル賞

リーガロイヤルホテル(大阪)役員人事異動、新総支配人就任

“大阪の迎賓館”リーガロイヤルホテルのメインロビー改装

京都ホテルオークラ、SAYOKO HIRANO個展「いのちの音」

関連記事