ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京ステーションホテル、SLH最優秀グルメホテル賞

東京ステーションホテル、SLH最優秀グルメホテル賞

投稿日 : 2018.12.04

東京都

ホテル内レストラン

東京駅丸の内駅舎の中に位置する東京ステーションホテルは、加盟しているホテルブランドグループのスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)が発表した「SLH Award 2018」において、‟最優秀グルメホテル賞“を受賞した。日本のホテルによるSLH Awardの受賞は初となる。

出典:東京ステーションホテル

日本のホテル初の「SLH Award 2018」受賞

SLH AwardはSLHに加盟している80カ国500以上のホテルのなかから、SLHの会員顧客や海外の旅行代理店などの投票により各部門に最もふさわしいホテルを発表。

年間最優秀ホテルだけでなく、最優秀デザインホテル賞、最も個性溢れるホテル賞、最優秀ホテルマン賞、最優秀インスタ映えホテルなど、ホテルの個性を重視するSLHならではの部門が17あり、世界中の加盟ホテルのなかから各部門で高い評価を得たホテルが12月3日に表彰された。
東京ステーションホテルは、フレンチの技法をベースに日本の旬の食材をふんだんに用いた独創的な料理を提供しているレストラン「ブラン ルージュ」をはじめ、寿司、日本料理、中国料理、イタリアン、鶏料理、和菓子、2つのバーなどバラエティに富んだ10のレストラン&バーを備えていることから高い評価を受け、このたびの受賞となった。

SLH Awardは2015年から始まった賞で、今年で3回目の実施(2016年は未実施)。

【同ホテル 概要】

所在地:東京都千代田区丸の内1丁目9-1(東京駅)

客室数:150

各種口コミ情報を基にしたレビュー分析

メトロエンジンリサーチによる各種OTAへの口コミ情報を基にしたレビュー分析によると、同ホテルが展開する千代田区には宿泊施設が106展開しており、千代田区エリアの平均レビュースコアは3.76となっている。

それに対して、同ホテルは4.73と同エリアの平均を大幅に上回る極めて高い評価を獲得しており、特にスタッフのサービスへの評価は日本トップクラスで、飲食や客室、設備などの評価とともに最高ランクの評価を得ている。

【合わせて読みたい】

京都初分散型ホテル 「エンソウアンゴ」10月15日開業

関連記事