ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マリオット、2019年世界30軒以上ラグジュアリーホテル開業

マリオット、2019年世界30軒以上ラグジュアリーホテル開業

投稿日 : 2019.03.08

海外

新規ホテル情報

マリオット・インターナショナルは、8つのラグジュアリーブランド「ザ・リッツ・カールトン」、「リッツ・カールトン・リザーブ」、「セントレジス」、「W」、「ラグジュアリーコレクション」、「エディション」、「JWマリオット」、「ブルガリ」で、2019年中に30軒以上を新規開業する。

スリランカ、バミューダ、モロッコ、ケニアなど20国・地域に

出典:マリオット・インターナショナル

マリオット・インターナショナルが展開するラグジュアリーホテルとリゾートのネットワークは60以上の国と地域に及び、他に類をみない規模の展開となっており、現在同社のラグジュアリーホテルのポートフォリオはさらに200軒以上が開発中であり、新たに進出する国や地域はスリランカ、バミューダ、モロッコ、ケニアなど20の国と地域に上る。

「ザ・リッツ・カールトン」は、2019年は6軒のホテルを新たに開業予定で、「ザ・リッツ・カールトン パース」でオーストラリアへの再進出を予定しており、また「ザ・リッツ・カールトン西安」の開業で中国での成長を加速していく。

また、モロッコの美しい景観や文化を満喫できる「ザ・リッツ・カールトン ラバト」、タンザニアの賑やかな旧首都にたたずむオアシス「ザ・リッツ・カールトン ダルエスサラーム」、新たな角度からの都市体験が魅力の「ザ・リッツ・カールトン メキシコシティ」なども開業を控え、同年中にブランド100軒目の開業を達成する見込み。

2019年開業予定の「セントレジス香港」は、受賞歴あるデザイナー、アンドレ・フー氏による、同ブランド特有の時代を超えたエレガンスと香港という街が内包する多様な文化や建築を暗示するようなアクセントを融合したデザインにも注目だ。

さらに、ユニークな手法で世界を席巻する「W」は2019年、アスペン、イビサ、マスカット、メルボルンなどに8軒のホテルを開業予定。

マリオット・インターナショナル グローバル・ブランド・オフィサー、ティナ・エドムドソン氏のコメントは以下の通り。

「例えば、旅行先で最高と言われるロケーションに滞在する、心身ともに現地の文化や雰囲気に浸る、ウェルビーイングな趣向を高めるなど、ラグジュアリートラベラーの旅の目的は多種多様です。

その目的が何であれ、マリオット・インターナショナルの個性豊かな8つのラグジュアリーブランドであれば、それぞれ異なるゲスト体験をご用意しており、ゲストのニーズに応じた最適な滞在先を見つけていただけます。

世界随一のアイコニックなデスティネーションから究極の秘境まで、各ブランドならではのゲスト体験をご用意することで旅の質を向上させ、ゲストが望むご自身の成長に専念できるような未来を見据えた“ラグジュアリー”の構築にも力を入れてまいります」

【合わせて読みたい】

ウェスティン、東京マラソンとオフィシャルパートナーシップ

マリオットがマンチェスター・ユナイテッドとのパートナーシップを発表

「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

関連記事