ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」2019年2月26日開業

「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」2019年2月26日開業

投稿日 : 2018.12.18

大阪府

ホテル関連ニュース

複合商業施設「OSAKA BAY TOWER」の企画・管理を行う大阪ベイタワー合同会社は、関西最大規模となる約5,000坪の温泉型テーマパーク「空庭温泉OSAKA BAY TOWER」を大阪ベイタワー ノースの2階〜5階に、2019年2月26日開業する。

出典:空庭温泉OSAKA BAY TOWER

総延床面積5,000坪を誇る関西最大級の温泉型テーマパーク

「オーク200」は2018年3月27日に「OSAKA BAY TOWER」へ名称変更し、同年3月29日にはビジネス客からファミリー客まで快適に過ごせるホテルとして『ホテル大阪ベイタワー』を『アートホテル大阪ベイタワー』としてリブランドオープン、これに続くテーマパーク型温泉施設『空庭温泉OSAKA BAY TOWER』のグランドオープンにより、更なる施設の充実を図る。
『空庭温泉OSAKA BAY TOWER』は、“美・癒・味”をテーマに、天然温泉や岩盤浴、リラクゼーション、レストラン、物販展など様々な施設とサービスを提供する大規模な複合型テーマパーク。安土桃山時代をコンセプトに古き良き日本の町と和モダンを融合させたこれまでにない特別な空間を演出する。
また同パークが誕生するエリアは、すでに世界的なエンターテインメントが集まる大人気のテーマパークが存在する他、2025年に万博開催が決定したことで、世界中から大きな注目を集めている”大阪ベイエリア”となっている。今後国内外でも有数の観光地として発展していくことが予想される同エリアにおいて、日本ならではの”癒やし”と”美”と”食”を提供していく。

約5,000坪を誇る同パーク内では、地下約1,000mから湧き出す弱アルカリ性の天然温泉「美肌の湯」をはじめ、源泉かけ流しの露天風呂、広大な日本庭園を見下ろす庭見風呂、炭酸泉や日替わり風呂など6種類の多彩な風呂を用意。また、2〜5名用の貸切風呂も完備。プライベートな空間を楽しめる。
さらに女性用ロッカールームには約100㎡の広さを持つ国内最大規模のパウダールームを設置。様々な美容機器やコスメの貸出サービスもあり、開放的な空間でセルフケアを行える女性に優しい設計となっている。

【同施設 概要】
名称:空庭温泉 OSAKA BAY TOWER(ソラニワオンセン オオサカベイタワー)
住所:大阪府大阪市港区弁天1丁目2-3
開業日:2019年2月26日
営業時間:11:00~翌9:00
入館料:平日2,400円、土日祝2,600円、特定日2,800円
施設概要:温泉(天然温泉6種類、サウナ、あかすり)、岩盤浴(約7種類)、飲食、ビューティーエリアなど
アクセス:最寄駅「弁天町駅」(大阪環状線、大阪メトロ中央線「弁天町」駅より連絡通路直結)、JR関西空港駅からJR弁天町駅まで関空快速約60分、新大阪駅からJR弁天町駅までJR大阪駅乗り換えで約12分

大阪市港区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市港区には宿泊施設が19、部屋数にして837が提供されている。

本年3月にリブランドオープンした「アートホテル大阪ベイタワー」は、383室で、同区で最大の宿泊施設となっている。

【合わせて読みたい】

「東横INN大阪日本橋文楽劇場前」2018年12月15日開業

「Minn Shinsaibashi-East – your second home」開業

アパホテル〈堺筋北浜駅前〉本日12月11日開業

「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」12月13日開業

関連記事