ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 鎌倉、紅葉が見頃、古民家滞在も

鎌倉、紅葉が見頃、古民家滞在も

投稿日 : 2018.12.05

神奈川県

ホテル関連ニュース

神奈川県の鎌倉市観光協会の12月3日の発表によると、鎌倉の紅葉が見頃を迎えている。「泊まらない観光都市」鎌倉だが、宿泊施設の新規開業予定が相次いでおり、紅葉が似合う古民家再生も注目されている。同市の宿泊施設展開状況と合わせてお送りする。

出典:長谷寺(12月4日)

鎌倉、紅葉情報2018

・北鎌倉駅周辺
東慶寺:だいぶ色づいてきたが全体が色づくのはもう少し先になる。
円覚寺:見頃。今週末くらいまで楽しめる。
・鎌倉駅周辺
妙本寺:だいぶ赤くなって見頃になってきた。
・長谷駅周辺
長谷寺:見頃を迎えている。ライトアップの期間中(11/23~12/9)楽しめる。
・金沢街道付近
報国寺:イチョウは黄色く色づき、モミジも色づいた(赤があまりきれいではないが)良い時期になってきた。
瑞泉寺:全体的にはまだですが、色づきが始まってきた。
鎌倉宮:9割程赤くなっている。見頃。
一条恵観山荘:9割程赤くなっている。見頃。

なお、鎌倉・湘南地域は比較的温暖な気候のため、色づきが都内よりやや遅く、東京・高尾山での紅葉はすでに散り始めているという。

神奈川県鎌倉市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、鎌倉市には宿泊施設が62、部屋数にして997が提供されている。

首都圏からの日帰り客の多い鎌倉だが、「相鉄フレッサイン鎌倉大船II」や「ホテルメトロポリタン鎌倉」が開業を予定するなど、新規展開が加速している。

同市の宿泊施設展開状況を示すマップは以下の通り。(紫色マークは新規開業予定施設、緑青などのサークルは既存施設で大小は部屋数規模を示す、赤色の斑点は民泊物件)

出典:メトロエンジンリサーチ

侍の古都鎌倉では作家のかつての別荘などで古民家も多く、民泊施設のリノベ開業も相次いでおり、現在80室が確認された。自然を感じやすい古民家での宿泊が魅力のシーズンとなりそうだ。

【合わせて読みたい】

紅葉シーズン、鎌倉は例年に比べ遅め、台風による塩害被害も

相鉄フレッサイン、大船に2軒目、2019年秋

鎌倉での古民家再生、民泊運営でカヤックとくらつぐが提携

鎌倉で古民家「古今」が2019年1月開業ー民泊新法適用事例

JR東日本が2020年春、鎌倉に新ホテル開業を発表

鎌倉建長寺境内、禅と向き合う邸宅「清風楼」が開業

湘南レーベル、鎌倉・茅ヶ崎に2019年夏、新規ホテル開業

関連記事