ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 釜石市、LIFULL、楽天LIFULL STAYが空き家利活用モデル

釜石市、LIFULL、楽天LIFULL STAYが空き家利活用モデル

投稿日 : 2019.03.18

岩手県

バケーションレンタル

岩手県釜石市、住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL、楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社は本日3月18日、2017年12月に締結した「空き家利活用を通じた地域活性化連携協定」の取り組みの一環として、釜石市内で空き家利活用に関するモデルケースの運用を開始。

ルームシェアと民泊を組み合わせ、空室を宿泊施設に

今回のモデルケースは、釜石市内にある一軒の空き家に同市の地域おこし協力隊として活動する単身者2名がルームシェアをしながら居住し、普段使用しない空室を民泊施設として貸し出すことで月々の家賃を補填するという仕組みとなっている。

このモデルケースの開発にあたって、釜石市とLIFULLは空き家の選定や入居者の募集、物件の管理・利活用に関するコーディネートを行い、楽天LIFULL STAYは民泊事業を開始するための物件改装の監修、民泊施設の運営についてのノウハウを提供している。

同施設は、楽天LIFULL STAYが運営する民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」において本日3月18日より宿泊予約の受付を開始し、4月2日より宿泊可能となる予定。

釜石市では空き家数が800戸を超える一方、単身者向けの廉価な物件が少ないことが確認されている。そのため、今回のモデルケースでは空き家の利活用だけでなく、単身者に向けた新しい移住や定住スタイルを含めた提案となっている。

さらに、同活動を広げていくことで、地域における空き家利活用の促進だけでなく、2019年9月に開幕する「ラグビーワールドカップ2019™」の開催地のひとつとして選定された釜石市における宿泊施設不足を解消する有効な対策となることも見込んでいる。

今後も3者は、お互いの知見を生かして空き家の利活用を促進することで、釜石市の地域社会および地域経済の発展に貢献していきたい考え。

【施設概要】

名称:ヘイタハウス

所在地:岩手県釜石市平田第2地割25-285

事業者:神脇 隼人、吉野 和也

営業形態: 住宅宿泊事業法における住宅宿泊事業者

予約開始日:2019年3月18日

宿泊開始日: 2019年4月2日

宿泊料金: 1泊3,500 円(税抜)より
※価格は時期、宿泊予約サイト等により変動。

定員:7名

敷地面積:392.65 m²

建物面積:104.34 m²

岩手県釜石市宿泊施設展開状況

メトロエンジンリサーチによると、釜石市には宿泊施設が20、部屋数にして830が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

新規開業予定は確認できなかった。また、同市内における民泊物件は確認できなかった(2019年1月時点)。

【合わせて読みたい】

「三陸鉄道リアス線」3月23日誕生と沿線地域ホテル展開状況

楽天、岩手県釜石市でキャッシュレス決済推進

パソナ、釜石で「イベント民泊」運営、ラグビーW杯に向けて

LIFULL、遊休不動産の利活用、地域創生ファンド設立

関連記事