ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 楽天、岩手県釜石市でキャッシュレス決済推進

楽天、岩手県釜石市でキャッシュレス決済推進

投稿日 : 2018.12.22

岩手県

インバウンド

楽天は、岩手県釜石市との包括連携協定に基づいたキャッシュレス化の推進に向けて、運営する決済サービス「楽天ペイ」の実店舗決済およびアプリ決済を、岩手県タクシー協会 釜石支部加盟の11社121台のタクシーに、2019年1月1日より順次提供開始する。

2019年ラグビーワールドカップ に向けて

楽天と釜石市は、2018年4月4日に楽天グループのサービスを活用した包括連携協定を締結して以来、市の経済発展、地域住民および観光客の利便性向上を目的に、様々な連携に取り組んでいる。

同協定の内の、市内事業者のキャッシュレス決済利活用促進の一環として、タクシー協会の協力のもと、釜石市を走るタクシーに「楽天ペイ(実店舗決済)」のプリント型QRコードおよびカードリーダー、タブレットを搭載し、タクシー料金の支払いを各種クレジットカードか「楽天ペイ(アプリ決済)」によるQRコード決済で行えるようにする。

これにより、現金で支払う際の小銭を探す手間やお釣りの受け渡しミスもなくなるため、支払いから降車までがスムーズになる。

また、2019年9月から11月に開催されるラグビーワールドカップ2019™にあたり、釜石市に多くの外国人観光客が訪れ、タクシーは便利な交通手段として利用されることが予想される。

キャッシュレス化が進んだ国から来日した観光客にとって、クレジットカード決済の利用可否もタクシーを移動手段に選ぶ際の判断材料のひとつになると考えられ、クレジットカード決済対応の実現はインバウンド需要の取り込みにつながるものと期待される。

楽天は、釜石市におけるさらなる地域経済の活性化および地域社会の発展に寄与することを目指し、さらなるキャッシュレス化の推進と、様々な事業領域でも新しい付加価値を利用者へ提供すべく、引き続き同市と協業していく。

【合わせて読みたい】

ラクビーワールドカップ日本大会に向けた観光戦略会議

パソナ、釜石で「イベント民泊」運営、ラグビーW杯に向けて

阿蘇市、竹田市、JR九州「JR豊肥本線を活用した観光振興」

横浜、第2回ラグビービジネス盛りあげセミナー


関連記事