ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > LIFULL、遊休不動産の利活用、地域創生ファンド設立

LIFULL、遊休不動産の利活用、地域創生ファンド設立

投稿日 : 2018.11.21

指定なし

バケーションレンタル

住生活情報サービスを提供するLIFULLの子会社LIFULL Social Fundingは、日本各地の遊休不動産を利活用することにより地域創生に取り組む事業を対象に事業投資等を行う「LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合」を設立、LIFULLが同ファンドの出資者として参画する。

同ファンドは、日本国内にある活用されていない不動産を簡易宿舎、民泊、グランピング、ホステル、カプセルホテル、ホテル、観光施設、飲食施設、営農施設等を利活用することにより、地域創生に資する事業に投資することで地域を活性化する仕組みづくりを行う。
LIFULLや金融機関、企業などの出資者は、有限責任組合員として同ファンドに出資することによって地域創生に必要なファイナンス支援を行う。

【同ファンド概要】

ファンド名:LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合

投資対象:遊休不動産の利活用等、地方創生に貢献でき、かつ同ファンドの目標利回りを達成できると判断した事業およびその事業を行う企業にかかる投資証券等

同ファンド規模:30〜50億円(予定)※LIFULLが10億円を出資

LIFULLは、空き家再生を軸にした日本の新しいライフスタイルを提案する地方創生事業に力を入れ、これまで空き家情報のプラットフォーム化や福井県鯖江市、岩手県釜石市、宮崎県日南市、岡山県総社市と地域連携協定を締結。

この度の同ファンド設立によって、地方創生・地域創生事業の原動力として必要な資金を循環させ、事業を強力に促進していきたい考え。

【合わせて読みたい】

スペースマーケットが東京建物と資本業務提携

空き家リノベ「NAGANOまちづくり応援ファンド」設立

クラウドファンディング、大阪デザイナーズ民泊ファンド

楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国古民家再生協会が古民家再生を推進

関連記事