ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JFNasiaがCtripと広告における公式代理店契約を締結

JFNasiaがCtripと広告における公式代理店契約を締結

投稿日 : 2019.10.18

海外

インバウンド

株式会社ジャパンエフエムネットワークが中国で展開しているインバウンド施策「JFNasia」では、この度、中国最大のOTAであるCtripと公式代理店契約を締結した。

日本での広告における公式代理店契約を締結

訪日観光客数ランキングで依然トップをキープする中国は、本年7月、8月と続けて月間来日者数100万人を越えた。

Ctripは中国で主流の旅行スタイルである「深度遊(しんどゆう)=個人旅行」において航空券・ホテル手配には欠かせない存在であり、Expedia、Booking.comと並ぶ世界三大OTAに数えられている。

JFNasiaではこれまでも中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)の広告運用や、中国動画サイト向け映像制作・配信、そしてKOL(インフルエンサー)の手配などを行っているが、今後はCtrip内における旅行者向け情報発信において、旅行商品タイアップ広告やCtrip内KOL(旅行に特化したインフルエンサー)などのメニューを新たに加え、スポンサーのニーズに沿ったプロモーションを提供するという。

【合わせて読みたい】

中国「Ctrip」が高知県と国際観光推進の協定締結 

横浜市と中国大手旅行会社Ctripが連携協定を締結

JR東⽇本とシートリップが東北・東⽇本エリアへの誘客で戦略的提携

広がる波紋、観光庁が海外OTAの利用に注意喚起

関連記事