ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > J:COM HOMEスマートロックが提供開始、民泊対応も

J:COM HOMEスマートロックが提供開始、民泊対応も

投稿日 : 2019.11.27

指定なし

バケーションレンタル

ジュピターテレコム(J:COM)は、スマートロックをホームIoTサービス「J:COM HOME」に加え、2020年春から順次、集合住宅向けに提供開始。カギを使わず、暗証番号、ICカードで玄関ドアの開閉を可能になり、スマートフォンで玄関ドアを開閉、遠隔で開閉や開閉状態を確認することもできる。

カギを使わず暗証番号・ICカード・スマホで玄関ドアを開閉

同サービスを利用することで、従来のカギが不要となり暗証番号やICカードアプリで開閉ができる。

遠隔操作により、J:COM HOMEアプリを利用することによりスマートフォンで開閉や開閉状態の確認ができる。

ゲストキーについては、一時的な暗証番号の発行ができるほか、オートロック機能のため玄関ドアの閉め忘れ防止ができる。さらに、入退去時に発生するカギの交換も不要。

これにより、 スマート化による入居率の向上や家賃の収入増が見込めることのほかに、 空室時の民泊対応による資産活用にも活路を開くことが期待されるという。

【合わせて読みたい】

森トラスト、デジタルキー生成・管理のビットキーに出資

TB、スマートロックを「まゆ玉キャビン」に導入

マンションのオートロック用に後付け可能「スマートロック」

スマートロック「セサミミニ」が民泊ダッシュボードと提携

リモートロック 、 サイトコントローラーのBeds24と連携

関連記事