ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マンションのオートロック用に後付け可能「スマートロック」

マンションのオートロック用に後付け可能「スマートロック」

投稿日 : 2019.01.07

指定なし

バケーションレンタル

デバイスエージェンシーは「エアサポタッチ」を中核とする無人チェクインソリューションを開発。この度、オートロック用に後付けできる「スマートロック」の提供を開始。 一般住戸と民泊が混在し、オートロックがあるマンションでの課題であったセルフチェックインを実現可能とする。

低価格でオートロックをスマートロック化

民泊運営者向けの各種サービスを展開する株式会社デバイスエージェンシーはこの度、オートロック用に後付けできる「スマートロック」の提供を開始した。

民泊業界では、競争の激化にともない宿泊管理業務の省力化とコスト削減を実現することが急務となっている。中でも法令を遵守したセルフチェックインを導入し、いかにフロントの無人化を図るかが民泊運営者にとっての大きな課題。

一般入居者用の住戸と民泊が混在し、かつオートロックがあるマンションでは、いかにオートロックを無人で解錠するかが課題だった。

管理用の共通錠を民泊宿泊者に教えると、一般入居者からは「オートロックの意味が無くなりセキュリティが不安」とのクレームが発生する。

ポストに物理鍵を入れておく方法も、勝手に悪用される可能性がゼロではない。

上記を解決すべく、オートロック用に後付けできる「スマートロック」を利用することで、低価格でオートロックをスマートロック化することが可能となる。

エアサポタッチは特区民泊・民泊新法・簡易宿泊所施設向けに開発されたセルフチェックインのためのタブレット端末。フロント対応機能を実装し、複数部屋管理及びスマートロックキーに対応している他、宿泊者のチェックイン・アウト状況やパスポート・本人確認写真が一元管理出来る。

その他にも、AIによりパスポート写真とチェックイン時に撮影した写真を解析し同一人物チェックを行う機能もある。

いかに宿泊者確認を確実に、かつ低コストに行うかが課題の民泊運営者にとっての必須ツールとなることを目指している。

【合わせて読みたい】

民泊ホテル運営代行サービス「MAGOCOLO(まごころ)」

レオパレス21、初となる民泊物件の運営開始

スマートロック「セサミミニ」が民泊ダッシュボードと提携

リモートロック 、 サイトコントローラーのBeds24と連携

関連記事