ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > TB、スマートロックを「まゆ玉キャビン」に導入

TB、スマートロックを「まゆ玉キャビン」に導入

投稿日 : 2019.01.28

神奈川県

バケーションレンタル

TBグループは展開するコンパクトホテル“まゆ玉キャビン 横浜関内”においてフォトシンスが提供しているスマートロックを活用した「Akerun入退室管理システム」を導入する。

出典:TBグループ

「Akerun(アケルン)入退室管理システム」は、機器である「Akerun Pro」をドアのサムターン(鍵のつまみ)に固定するだけで、ドアの解錠権限をNFC対応ICカードやスマートホンにより解錠をすることができる。

今回、既存の建物の空きスペースを活用して宿泊環境を実現させる、カプセルベッド「まゆ玉」の製造販売及びホテル事業を展開するTBグループの構想と、既存の扉にスマートロックを後付けすることで簡単にエリアの棲み分け・セキュリティを実現できる「Akerun(アケルン)入退室管理システム」のコンセプトが合致し、業界に先駆けてスマートロックを活用した、「Akerun(アケルン)入退室管理システム」を “まゆ玉キャビン”に導入することとした。

“まゆ玉キャビン”では、玄関、男性フロア、女性フロアの入退室をICカードで管理。

今後はここで得られたノウハウを活かし、先の改正旅館業法(2018年6月施行)に対応したTBグループが開発中のセルフチェックインシステムとの連携を図ることで、安全性を兼ね備えた省力化・無人化ソリューションを実現していく。

またクラウドに蓄積された解錠回数や解錠時刻を基に分析したデータは、効率的なホテル運営や、今後のホテル展開に幅広く活用していくという。

【合わせて読みたい】

マンションのオートロック用に後付け可能「スマートロック」

民泊ホテル運営代行サービス「MAGOCOLO(まごころ)」

スマートロック「セサミミニ」が民泊ダッシュボードと提携

リモートロック 、 サイトコントローラーのBeds24と連携

関連記事