ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > インドネシアで障がい者向けビーチツーリズムの促進

インドネシアで障がい者向けビーチツーリズムの促進

投稿日 : 2018.12.27

海外

ホテル関連ニュース

国際機関日本アセアンセンターはインドネシア・タンジュンパンダンにて、アクセシブル・ツーリズム(バリアフリー観光/ユニバーサル観光)の普及を目的としたワークショップを、インドネシア観光省と共催した。

アクセシブル・ツーリズム・ワークショップ開催

同事業は国連世界観光機関(UNWTO)が「Tourism for All(みんなの観光)」を提唱したことをふまえ、第21回ASEAN観光大臣会合でASEAN地域でのインクルーシブ観光の必要性を確認したことを受け、その支援の一環として実施された。

2018年12月7日に開催されたワークショップには、インドネシアの観光関係者(地方行政機関、観光産業、福祉関係者等)のみならず、ASEAN諸国の観光関係省庁からも代表を招待し、70名以上が参加した。

ワークショップの実施にあたり、センターは日本から専門家2名を派遣し、日本のビーチにおけるアクセシブル・ツーリズムの具体的事例を紹介しつつ、「アクセシブルなビーチから始まるリハビリテーション観光」や「アクセシブル・ツーリズム商品の設計」をテーマに、障がい者向けの旅行商品と運用時の注意点などについて講演を行った。

また、インドネシア側からは、インドネシアのバリに次ぐ新しい10の観光地開発を目指す観光政策「10 New Bali」について説明があった他、調査機関、大学、バリアフリー機関、障がい者向けの旅行商品を扱う旅行会社、観光施設などの団体・機関より、各自のバリアフリーの取り組みについて、発表があった。

参加者からは、障がい者にとっては観光が困難と考えられていたビーチにおける、日本のアクセシブル・ツーリズムの取り組みは、ビーチリゾートが多いインドネシアを始めとしたASEAN諸国にとって親和性が高く、参考になり、自国でも倣いたいとのコメントが多く寄せられた。

同センターでは同事業を通し、日本の先進的なアクセシブル・ツーリズムをASEAN諸国に普及させるとともに、現地のツアー商品を多様化させ、地域社会の活性化を目指す。

【合わせて読みたい】

観光庁における障害者雇用状況、ゼロ人

星野リゾート「車いすグローバルチャレンジ2019」

JTB Diversity Week 2018

JATA「2018年度ユニバーサルツーリズム推進セミナー」

東京都主催、アクセシブルツーリズム推進セミナー

観光庁がユニバーサルツーリズム促進事業を公募

「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」初開催

関連記事