ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」初開催

「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」初開催

投稿日 : 2018.12.05

ホテル関連ニュース

国際機関日本アセアンセンターは、ASEAN諸国への優れた旅行商品を表彰する新規事業「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」を開催する運びとなり、2019年2月3日(日)を締め切りとして、応募受付を開始した。

アウトバウンドの機運を盛り上げる

アンコールワット(カンボジア)などの世界遺産、近年話題のリゾート ダナン(ベトナム)など数多くの観光資源を抱えるASEAN 諸国には、日本から年間500万人近い人々が渡航。近場で気軽に訪れることができるASEAN諸国は、食や街歩きを楽しむロング・ウィークエンド、家族で楽しむリゾート、少し贅沢な自分へのごほうび旅など、あらゆるニーズに応える事が可能。
ASEANツーリズム・アワード・ジャパンは、そのようなASEAN諸国の魅力の開発・紹介に貢献する、優れたツアー商品を表彰する国内初の事業であり、2015年から2017年までセンターで実施していた「メコン・ツーリズム・アワード」の対象国を域内10カ国に拡大・発展させた事業。

より良い商品企画・造成を促し、当該国への旅行需要喚起につなげ、ASEAN域内の経済格差の縮小を図ることを目的としている。また、ツアーを開発した旅行会社だけでなく、ツアーオペレーター会社・航空会社の3社を一組として、業界のラインを一括して表彰することにより、アウトバウンドの機運を盛り上げる効果を期待しているという。

【ASEANツーリズム・アワード・ジャパン 2018 概要】
旅行会社を対象に公募を行い、ASEAN10カ国への優れた旅行商品を造成、販売した旅行会社、手配オペレーター、航空会社の3社を1組として表彰。審査は、国際機関日本アセアンセンター、(一社)日本旅行業協会(JATA)、(一社)日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)などの代表者が行う。
応募締切は2019年2月3日(日)、表彰式は2019年3月上旬に都内で行う。
表彰カテゴリー:
① ニュー・デスティネーション賞(新しいデスティネーションの開発に貢献し、ASEANの新しい観光の魅力を紹介するツアー)
② ラグジュアリー・トラベル賞(ワンランク上の上質な旅を提案するツアー)
③ ユニーク・ツアー賞(今までにない新しい視点でASEANの魅力を紹介したツアー)
④ サステナブル・ツアー賞(持続可能な観光を商品化したツアー)
⑤ メコン賞(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの魅力を紹介したツアー)
⑥ 審査員特別賞
【主 催】国際機関日本アセアンセンター
【後 援】 外務省、観光庁、(一社)日本旅行業協会、(一社)日本海外ツアーオペレーター協会

応募要件等の詳細については、公式サイト参照。

【合わせて読みたい】

JR東日本、シンガポール現地法人設立

JR九州、バンコクでホテル事業参入

タイ ライオンエアー、12月7日より成田=バンコク線新規就航

JNTO「VISIT JAPAN Travel Mart 2018 -ASEAN・INDIA-」

関連記事