ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JTB Diversity Week 2018

JTB Diversity Week 2018

投稿日 : 2018.12.03

ホテル関連ニュース

JTBは、同グループ内におけるダイバーシティに対する更なる理解・浸透・促進を目的に、2018年12月10日(月)~14日(金) に同グループ全社員を対象とするイベント「JTB Diversity Week 2018」を開催する。

12月3日は国際連合の国際デーの一つとなっている国際障害者デーであり、日本でも12月3日~12月9日は障害者週間と定められている。

また、同グループでも毎年12月前後に障がいのある社員の活躍推進を目的に「チャレンジドサミット」を開催している。

障がい者に対する意識啓発が高まっている時期にあわせ、障がいのある社員活躍に留まらず、社員ひとり一人の「多様性」を推進する機会として捉え、今回、初の試みとなるインナーイベントを開催することとした。

同グループでは、カルチャー方針として「ダイバーシティ」を企業風土の中心に置き、多様な価値観を尊重し、イノベーティブな会社を目指して様々な改革に取り組んでいる。このカルチャー方針としての「ダイバーシティ」に対する理解浸透を、同イベントを通し更に加速させる考え。

初日となる10日(月)には代表取締役社長 髙橋広行氏による開会宣言「経営最上位概念のダイバーシティを身近に感じてもらう。」や ダイバーシティ川柳表彰式で全国から募集したダイバーシティ川柳の中から大賞、特別賞、入賞の表彰などを行う。

期間中、働き方改革、男性育休、異文化理解、障がい者、LGBTなどの様々なテーマで研修などを実施、本社(天王洲)を中心としつつ各地域で全社的に取組みを行う。

【合わせて読みたい】

JATA「2018年度ユニバーサルツーリズム推進セミナー」

観光庁がユニバーサルツーリズム促進事業を公募

東京都主催、アクセシブルツーリズム推進セミナー

東京パラリンピックに向けてー観光庁、宿泊施設のバリアフリー促進事業

LGBTフレンドリーなホテルを目指して、アウトジャパン

関連記事