ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 一休が福岡の九州支社に宿泊事業拠点を新設

一休が福岡の九州支社に宿泊事業拠点を新設

投稿日 : 2020.02.20

福岡県

ホテル関連ニュース

高級ホテル・旅館の予約サイト『一休.com』、レストラン即時予約サイト『一休.comレストラン』などを運営する株式会社一休は、2020年4月1日より九州支社に宿泊事業の拠点を開設する。また立ち上げメンバーも募集する。

一休国内4位九州エリア強化へ立ち上げメンバー募集

九州支社は九州エリアの店舗を担当するレストラン事業の拠点として2018年7月に開設され、約1年半で『一休.comレストラン』における九州エリアの掲載店舗数を120店舗から400店舗以上へと伸ばしてきた(2020年1月末現在)。

一方で、宿泊事業(『一休.com』)における九州エリアでの活動はこれまで東京本社が担ってきた。

九州エリアは由布院や黒川温泉、別府温泉に代表される高級温泉地や魅力的な観光地、宿泊施設が多くある。首都圏や関西圏からの飛行機でのアクセスもよく、九州新幹線の開通で九州内での移動もよりスムーズとなった。“旅先”としての魅力を全国へ伝えることで、さらに多くの方に九州旅行を楽しんでもらえるだけのポテンシャルを秘めていると考えているという。

一休の宿泊事業においても全国第4位の取扱い規模となる重点エリアの一つで、なおも大きく伸長する発展性があると判断。この度、福岡に拠点を構えることで、地場の空気・トレンドを取り込みながらエリア内の宿泊施設とさらに密接にやり取りしたい考え。一つの拠点が宿泊とレストランの両事業を担うのは、東京本社以外に9つある拠点(支社・営業所)の中でも初となる。

地元に密着して市場環境やトレンドをこれまで以上に感じながら、全国の宿泊施設との取引きで蓄積された一休のノウハウを用いて、ユーザーの支持を得られる魅力的なプラン作りを一緒にブラッシュアップする提案をしていくとのこと。

また、新設される「宿泊事業本部 九州支社」の立ち上げメンバーを募集。本社より着任するメンバーとともに九州を一緒に盛り上げる営業担当および営業アシスタントの正社員・契約社員を若干名、採用予定。現在九州エリアに在住しておらずとも、Uターン・Iターンでの応募も歓迎とのこと。

取引先となる九州エリアの宿と一緒に「九州を旅する魅力」を全国の人に伝えることで、九州経済を伸ばしていく一助にもなり得るダイナミックかつ地元密着な仕事となる。

支社の所在地は福岡市内だが、九州全域の旅館・シティホテル・リゾートホテル・ビジネスホテルといった様々なタイプの施設が取引先となる。『一休.com』だけでなく一休が所属するヤフーグループのインターネット旅行予約サービス『Yahoo!トラベル』の活用も含めた幅広い提案を行っていくとのこと。

【九州支社概要
名称:株式会社一休 九州支社
住所:福岡県福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多6F
支社長:小林 達也(こばやし たつや)

【合わせて読みたい】

一休.comが北海道支社を開設

「一休.com」が沖縄支社を本日8月1日開設

「KANAYA RESORT HAKONE」が「一休Plus+」へ加盟

「パークハイアット京都」が「一休Plus+」へ加盟

徳島の「ホテルリッジ」がリニューアル、一休Plus+へ加盟

関連記事