ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「一休.com」が沖縄支社を本日8月1日開設

「一休.com」が沖縄支社を本日8月1日開設

投稿日 : 2018.08.01

沖縄県

ホテル関連ニュース

高級ホテル・旅館の予約サイト「一休.com」を運営する株式会社一休は、8月1日に沖縄支社を開設した。地元密着を進め、沖縄地域のラグジュアリーな宿泊施設の魅力を発信する。

高級施設に特化の一休

一休.comは2000年より運営を開始した高級・上質な宿泊施設に特化したオンライン予約サイト。全ての宿泊施設で事前に厳しい審査を行い、掲載施設を厳選。高級・上質な体験を求める会員に提供する。
この度開設された沖縄支社は、本社(東京)・西日本支社(大阪)・東海支社(名古屋)・福岡支社に続く、株式会社一休の5か所目の拠点。
沖縄支社は宿泊事業の強化を目的としており、沖縄は2019年には那覇空港の滑走路を拡張、国内外から来訪者増が見込まれる一方で、ラグジュアリー施設の開業も複数予定されており、施設間における競争の苛烈化が予想されている。
同支社はラグジュアリー施設と協働して魅力発信を行うことで培ってきたノウハウやマーケティングデータを活用し、各施設の持つ魅力を最大限まで高められるよう尽力し、支社を中心に地元密着を進めることで、現地の市場環境やトレンドを感じながら、よりローカライズしたプランの提案をすることで、沖縄地域のラグジュアリー施設の課題解決に取り組む。

■沖縄支社概要
名称: 株式会社一休 沖縄支社
住所: 沖縄県那覇市久米2-3-15 COI那覇ビル5F
支社長: 大友 健 (おおとも たけし)

沖縄県内で相次ぐ新規ホテル出店
メトロエンジンリサーチによると、同支社が出店する那覇市では、かりゆしグループが「EXES NAHA(エグゼス・ナハ)」(67室)を2019年4月に開業予定のほか、嘉新水泥(台湾:嘉新セメント)が「(仮称)CHC那覇ホテル(國映館跡地)」(239室)を2019年10月に開業を予定している。

 また、読谷町では、星野リゾートが2020年1月「(仮称)読谷リゾート北地区開発計画」(100室)を開業予定で、本年12月には、KPGホテル&リゾートがGLAMDAY STYLE HOTEL(54室)を開業する予定。(客室数は推定値を含む)
 
そのほか、名護市にはフェリーチェや沖縄フルーツランド、本部町のヒルトンなど本島だけでも数多くのリゾートホテルが新規出店を予定する。

【関連記事】
森トラスト・ヒルトンの「(仮称)沖縄瀬底プロジェクト」が着工を開始ー都道府県別の路線価上昇率トップの沖縄、国頭郡本部町のホテル出店状況
森トラスト・マリオットのダブルブランドホテルが宮古島市伊良部島に11月21日開業
ハイアット日本初のビーチリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」が2018 年夏オープン
沖縄がハワイを超えたー台湾人が外客数トップ

関連記事