ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「パークハイアット京都」が「一休Plus+」へ加盟

「パークハイアット京都」が「一休Plus+」へ加盟

投稿日 : 2019.06.19

京都府

新規ホテル情報

一休は、「パーク ハイアット 京都(PARK HYATT KYOTO)」の宿泊予約の受付を本日6月19日より開始。同ホテルは「一休Plus+」に加盟し、国内のオンライン旅行予約サイトでは一休でのみ予約が可能となる。

「パーク ハイアット 京都」は、日本国内では「パーク ハイアット 東京」に次ぐ2番目のパーク ハイアットの開業となり、10月30日に営業開始する。

京都・東山三十六峰を背に、世界遺産の清水寺へ至る二寧坂に面したロケーションにあり、創業142年目を迎える料亭「山荘 京大和」の敷地内に立地。

建物は周囲の街並みや景観に合わせた低層建築で設計されているラグジュアリーゲストハウス。創業142年目を迎える「山荘 京大和」も「パーク ハイアット 京都」の営業開始に合わせてリニューアルオープンする。

パーク ハイアット 京都 総支配人のマーク・デ・リューヴァーク氏は以下のコメントを寄せた。
「パーク ハイアット 京都は京都東山の麓に位置し、歴史ある周辺地域の景観と調和する、お客様に時が止まったかのような静謐な空間を提供するラグジュアリーなゲストハウスです。今秋の開業に先立ち、宿泊予約を開始いたしますことを嬉しく思います。
京都の美しさと精神性を凝縮したような立地にふさわしい内装を施した客室で、客室数が70という規模だからこそ実現可能な、お客様一人ひとりのご期待とご要望に合わせたパーソナルでカスタマイズされたサービスをご提供し、思い出に残る旅の空間と体験をお楽しみいただけますよう心がけてまいります。」

一休Plus+(いっきゅうぷらす)は、「一休.com」で予約できる宿の中でも特に上質かつ、国内インターネット専業宿泊予約サイトで「一休.com」のみ予約可能な宿。

出典:一休

【合わせて読みたい】

「パークハイアット京都」2019年10月30日開業

ハイアット ハウス ニセコが正式開業を発表

ハイアットが「Hyatt Regency Milwaukee Hotel」(481室)を売却

ハイアット日本初のビーチリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」が2018 年夏オープン

関連記事