ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > グローバルエージェンツ、2019年海外含む全7棟810室開業

グローバルエージェンツ、2019年海外含む全7棟810室開業

投稿日 : 2019.01.17

海外

新規ホテル情報

グローバルエージェンツは、全国で42棟2,300室を展開するコミュニティ型住宅「ソーシャルアパートメント」の他、ホテル事業として全国で7棟600室のブティックホテルなどを運営。2019年には新たに7棟810室の開業を予定。2022年までに運営数30棟3,000室に到達を目指している。

出典:グローバルエージェンツ

福岡と大阪が初出店。都内では麻布十番で5棟目

同社の主力である都市型ホテルを、これまで未出店エリアであった福岡と大阪でそれぞれ初出店。
これにより都市における出店エリアは、北から札幌、東京、京都、大阪、博多、那覇をカバーし、より網羅性の高い出店構成となる。

さらに都市型だけにとどまらず、地方観光地である北海道小樽、東京近郊リゾートである千葉県御宿でもホテルを再生。
グローバルエージェンツらしいユニークなコンセプトで独自性が高く魅力に溢れたホテルを開発する。
これらの開発・運営経験を通して、都市型から郊外・リゾートまでより一層幅の広いホテル展開が可能になる。

新築から築100年の歴史的建造物の再生まで幅広い形態の開発

小樽では北海道で初の外国人専用のホテルとして昭和6年(1931年)に建築された小樽市指定歴史的建造物のホテルを、そのクラシックな建築的美観は残したままコンテンポラリーデザインをミックスさせたブティックホテルとして再生する。

福岡では、シティホテルを大規模リノベーションし、宴会場やザ・ミレニアルズも併設させた次世代のシティホテルを提案する。

また、新築での開発としては大阪本町、川崎、麻布十番の3件が進行しており、新築ならではの自由と斬新さに溢れたホテルとなる予定。

ライフスタイル新ブランドも近日中に発表

現在同社が展開しているブランドは、ホステルの雰囲気を体験できるホステルホテル『HOTEL GRAPHY』、旅先の1泊目で様々な現地情報に出会える『ESTINATE HOTEL』、ユニークなテーマで世界観を演出するブティックホテル『UNWIND HOTEL & BAR』、「未来が見える宿泊体験」がコンセプトのポッド型ホテル『THE MILLENNIALS』の4つがあるが、これらに加え近日中に新しいライフスタイルブランドを発表する。

初の海外として台湾に進出。世界規模での展開を視野に

今年は、同社として初の海外進出となる台湾での開業も予定。
同社ホテルの海外ゲスト比率は7割に至っており、その主なセグメントはミレニアル世代となっている。

ミレニアル世代は、全世界で共通のウェブサービス、アプリ、デバイス等を利用し、ソーシャルメディアを通して常に全世界の情報に触れているため、共通の価値観や感性を持つ傾向にある。

ソーシャルアパートメント・ホテル共にこの世代に求められる施設を開発してきた同社は、海外でもグローバルのミレニアル世代をターゲットとすることで、十分に価値を訴求できるものと考えているという。

台湾での出店を通して、今後の積極的な海外展開に繋げていくことを目指している。

同社は既存の運営ホテル数に加え、今年の開業によりホテル運営数は14棟1,400室となる予定。さらに海外への展開を加速し、2022年までに運営数30棟3,000室に到達することを目指す考え。

【合わせて読みたい】

三井不動産、台北松山空港至近に「(仮称)敦化北路ホテル」

ニトリが小樽の老舗高級旅館を取得

川崎駅東口「川崎ルフロン」大規模リニューアル

アパホテル〈御堂筋 西中島南方駅前〉2020年秋開業

関連記事