ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

投稿日 : 2019.07.03

福岡県

ホテル統計データ

東アジアからの観光客の来訪が多い、アジアの玄関口、福岡。2019年7月初め時点の福岡県のホテル展開状況を県内各市ごとの客室数、施設数と最大都市である福岡市の区別での展開数をランキングにてお送りする。

福岡市が7割強を占め、北九州市・久留米市が続く

2019年7月現在、メトロエンジンリサーチによると、福岡県内には宿泊施設が980、部屋数にして56,209室提供されている。

新規開業予定は31施設、部屋数にして4,911室が新たに供給される予定。

県内各市の客室数トップ10は以下の通り。

1位 福岡市 35,479室 465施設

2位 北九州市 9,076室 118施設

3位 久留米市 2,022室 32施設

4位 宗像市 1,025室 28施設

5位 朝倉市 998室 34施設

6位 京都郡 706室 13施設

7位 飯塚市 604室 17施設

8位 糸島市 495室 35施設

9位 八女市 481室 24施設

10位 行橋市 460室 10施設

福岡市が7割強でダントツ、北九州市が1万室に迫る客室数で続いた。

博多区・中央区で市内客室数の大部分を占める

福岡市内区別の客室数トップ5は以下の通り。

1位 博多区 22,683室 263施設

2位 中央区 10,889室 150施設

3位 東区 1,164室 22施設

4位 早良区 414室 14施設

5位 西区 174室 8施設

福岡市内の施設展開は博多区と中央区に圧倒的に集中しており、福岡県全体の半数以上の客室が両区によって占められているがわかる。半面で福岡県内各地への訪問・周遊が課題とも言えるだろう。

【合わせて読みたい】

京都府ホテル展開状況(2019年7月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年7月)

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年1月)

【夏祭り:博多祇園山笠】7月1-15日開催、ホテル展開状況

福岡県ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事