ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 福岡県ホテル展開状況(2019年1月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年1月現在)

投稿日 : 2019.01.08

福岡県

ホテル統計データ

2019年1月初め時点の福岡県のホテル展開状況(県内自治体ごとの施設展開数、客室数、2018年における増減数など)をお伝えする。

福岡市が部屋数の6割を占め、ダントツのトップ

メトロエンジンリサーチによると、2019年1月初め現在、福岡県には宿泊施設が831、部屋数にして51,653が提供されている。

2018年1月初め時点では、宿泊施設が785であり、施設数にして46が増加し、率にして5.9%増となった。部屋数では2018年1月初め時点で、48,164室であり、3,489室が1年間で相次ぐ新規開業により増加し、率にして7.2%増となった。

県内各自治体の部屋数、施設数は以下の通り。

(1−10位)

(11−20位)

(21−30位)

(31−40位)

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

2018年福岡市ホテル開業ラッシュと訪日韓国人

福岡市で激化する新規ホテル開発競争――その背景にある福岡市の施策とは

WBFリゾート沖縄が福岡で「ホテルWBF福岡中洲」「ホテルWBFグランデ博多」を今夏相次ぎ開業ー福岡で開業ラッシュ続く

JR九州、駅ビル事業及びホテル事業の再編

長野県ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事