ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > フォーシーズンズ チャット、「WhatsApp」が追加

フォーシーズンズ チャット、「WhatsApp」が追加

投稿日 : 2019.01.11

海外

ホテル関連ニュース

フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツが提供する、マルチチャネル対応のチャットサービス「フォーシーズンズ チャット」に、世界で最も人気のあるメッセージプラットフォームである「WhatsApp」が加わった。

スタッフの返信にかかる平均時間は90秒以内

ラグジュアリーホスピタリティ業界において、モバイルテクノロジーの領域においても先駆的なフォーシーズンズは、チャットボットを使わないマルチチャネル対応のメッセージプラットフォームを2017年に開設し、アワードを受賞。

顧客への返信をフォーシーズンズのスタッフ自らが行うこのサービスでは、100以上の言語をリアルタイムで翻訳し、返信にかかる平均時間は90秒以内。

顧客は、おすすめのレストランの紹介や予約、ルームサービスの注文、ゴルフやスパの予約や変更、近隣のショッピング情報などの提供、レイトアライバルやアーリーチェックアウトの連絡、プールサイドのドリンク注文、さらにはプライベートジェットの手配など、あらゆる問い合わせやサービスをフォーシーズンズチャットで利用できる。

2017年10月にフォーシーズンズ チャットが開設され、顧客は滞在前、滞在中、および滞在後に、様々なチャネルで各施設のスタッフとインスタントメッセージでやりとりすることが可能になった。

現在、WhatsAppの他、Four Seasons App、Facebook Messenger、WeChat、KakaoTalk、LINE、Apple Business  ChatおよびSMSで利用可能。また、fourseasons.comで試験運用中のWeb chat(2019年中に本格運用開始予定)を含めると、利用可能なメッセージプラットフォームは9つとなる。

現在、フォーシーズンズ チャットは、106のフォーシーズンズホテルおよびリゾート、フォーシーズンズ プライベートジェットで利用できる。

【合わせて読みたい】

フォーシーズンズホテル、ブラジルに初進出、サンパウロ開業

「Bebot」ホテルサンルートプラザ新宿にてサービス開始

キャメル、宿泊業界向けAIチャットボット

京王プラザホテル3施設に「triplaチャットボット」

関連記事