ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > タクシー相乗りアプリ「NearMe」総額3億円資金調達

タクシー相乗りアプリ「NearMe」総額3億円資金調達

投稿日 : 2019.09.11

指定なし

ホテル関連ニュース

タクシー相乗りアプリ「nearMe.」(ニアミー)を提供する、株式会社NearMe は、ニッセイ・キャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社など計4社より総額約3億円の資金調達を実施した。

同社は、同じ方向に行きたい人を見つけ、待ち時間を減らし料金をお得にするタクシー相乗りアプリ「nearMe.」を2018年6月にローンチした。

また直近では、タクシー相乗りサービスの経験を活かし、独自のAIにより最適な送迎ルートを実現したシャトルサービス“スマートシャトル™”を8月21日(水)より開始。「空港⇔都内のホテル」間を結ぶエアポートシャトルやシティシャトルを展開し、人々が時間やお金をかけず、ストレスレスでさらに快適な移動体験を提供する。

今回の調達を通じ、事業の成長を加速させるための人材採用、およびさらなる事業会社との連携、提供サービスの認知向上を行い、人々のより良い生活を実現するためのプラットフォーム作りを目指すという。

引受先は以下の4社。

ニッセイ・キャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社、東急不動産ホールディングス株式会社が運営するTFHD Open Innovation Program、SMBCベンチャーキャピタル株式会社

【同社 概要】

会社名:株式会社NearMe
所在地:東京都千代田区丸の内1−6−6
代表者:代表取締役 髙原幸一郎
設立:2017年7月18日

【合わせて読みたい】

出光興産、超小型EVを活用したMaaS事業の実証開始

自動運転タクシー、MaaS活用都市交通インフラ実証計画始動

WILLERが「ひがし北海道」と「京都丹後鉄道沿線地域」で観光MaaSアプリ

近鉄グループが観光地型MaaS推進に「志摩MaaS」実証実験

関連記事