ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 荷物預かりサービスecbo cloak、ホテル京阪ユニバーサル・タワーへ導入

荷物預かりサービスecbo cloak、ホテル京阪ユニバーサル・タワーへ導入

投稿日 : 2019.04.10

大阪府

バケーションレンタル

荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社は、ホテル京阪 ユニバーサル・タワーとサービス提携し、荷物預かりを開始した。

USJ周辺の増加する観光客数と荷物預かり需要に対応

ホテル京阪 ユニバーサル・タワーは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン のオフィシャルホテルで、JRユニバーサルシティ駅から徒歩約1分のところに位置する。

ユニバーサルシティ駅周辺には、国内外からの観光客で賑わうアジア有数の人気テーマパーク施設もあり、駅の利用者は年々増加傾向にある。これに伴い、周辺の荷物預かりサービスの需要も増加している。

荷物預かりにより宿泊客以外にもサービス提供

同ホテルには、レストランやフォトスポットなど宿泊客以外の客も利用ができるスポットがあり、いつも多くの観光客で賑わっている。これに伴い、宿泊客以外の観光客からも「ホテルで荷物を預かってもらえないか」という要望が増加しており、荷物預かり需要に対し深刻な課題を感じていたという。

この度のecbo cloakの導入により、既存の要望に応える形での「手ぶら体験」の提供だけでなく、荷物預かりを通して宿泊客以外の観光客にも、同ホテルのサービスを一緒に利用してもらうという選択肢を提供する機会にもなることを期待。

今後、需要に応じて預かり個数や預かり時間は調整の検討をしていく。また、同ホテルグループへの導入の拡大も検討していく方針だ。

【ホテル京阪ユニバーサル・タワー導入概要】

導入窓口:ホテル京阪 ユニバーサル・タワー 4階ベルカウンター

荷物の預かり可能時間:7:00〜23:00

荷物の預かり可能個数:バッグサイズ:10個、スーツケースサイズ:10個

利用料金:荷物サイズに関わらず一律600円(税込)/個・日

当日予約:可能

複数日予約:不可

【合わせて読みたい】

ecboが目指す「モノの所有を自由に。」するサービスとは

荷物預かりサービス「ecbo cloak」JR上野駅構内に導入

荷物預かりサービスecbo cloak、西日本鉄道と提携

ecbo cloak、JR九州グループとの提携拡大

関連記事