ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018 国土交通大臣賞決定

クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018 国土交通大臣賞決定

投稿日 : 2018.12.09

指定なし

ホテル関連ニュース

国土交通省は、日本発着クルーズの振興を図るため、クルーズ・オブ・ザ・イヤーのグランプリに、本年度より国土交通大臣賞を付与。このたび、国土交通大臣賞グランプリに選ばれたのはー

「飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズ」国土交通大臣賞

昨年、日本人のクルーズ人口は32万人、訪日クルーズ旅客数は253万人といずれも過去最高を記録。こうした中、日本発着クルーズの更なる振興は、日本におけるクルーズ旅行への親近感やクルーズ文化の醸成、さらには観光立国や地域振興の推進の観点から重要。
このため、国交省は(一社)日本外航客船協会主催のクルーズ・オブ・ザ・イヤーのグランプリに、本年度より国土交通大臣賞を付与することとした。
このたび、厳正なる審査の結果、郵船クルーズ(株)の「飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズ」が今年の国土交通大臣賞(グランプリ)に選出。

即日完売する人気ぶりで世界一周クルーズの存在意義を明確に証明したこと、また、世界には政情不安な地域もある中、丁寧な寄港地選定により、運航の安全と利用者の満足を両立したことなどが評価されての受賞。
授賞式は、12月13日(木)開催される。国土交通大臣賞のプレゼンターは塚田副大臣が務める予定。
クルーズ・オブ・ザ・イヤーは、日本で販売されたクルーズ商品のうち、特にオリジナリティーに溢れ、かつ、日本のクルーズマーケット拡大に貢献したもの等を表彰する制度。(一社)日本外航客船協会(JOPA)主催で平成20年度より毎年行われ、グランプリ、優秀賞、特別賞を選定(国土交通省は後援)。

【合わせて読みたい】

「ベストワンクルーズ」dトラベルとの連携強化

観光庁、クルーズ着地型観光充実のための検討会開催

関連記事