ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スペースマーケットが東京建物と資本業務提携

スペースマーケットが東京建物と資本業務提携

投稿日 : 2018.11.16

指定なし

バケーションレンタル

あらゆるスペースを1時間単位から貸し借りできるプラットフォームを運営する株式会社スペースマーケットは、東京建物株式会社との資本業務提携を行なった。遊休不動産の時間貸し活用の拡大に向けて、第三者割り当て増資を合わせて実施し、事業拡大を図る。

出典:スペースマーケット

あらゆるスペースの時間貸しプラットフォーム

スペースマーケットは、あらゆるスペースの時間貸しプラットフォーム「スペースマーケット」を2014年に開始し、掲載スペース数は現在1万件を越え、時間貸しプラットフォームサービスの中では掲載数において日本最大という。

スペースのジャンルは、イベントスペース、会議室、撮影スタジオ、映画館、住宅等、多岐にわたる。
これまでの不動産市場においては、一般的に「売買」か「賃貸」という選択肢しかなく「時間貸し」というシェアリングの概念がほとんどなかった。そのため、「売買」「賃貸」ができない事情があった場合は、使われない遊休不動産として放置されてしまうケースが多々あった。また、遊休化していない個人自宅や、オフィス・店舗も、実は使われていない時間や空間があり、まだまだ活用の余地が残っている不動産が数多く眠っている。
スペースマーケットでは、このような遊休不動産(空間・時間)を1時間単位で貸し出すことで、スペース利用の新しいニーズを掘り起こし、不動産市場の新たな選択肢と新たな収益源を生み出しており、不動産市場にイノベーションを起こす起爆剤として期待されている。

シェアスペースを取り入れた空室活用と不動産開発

このたび、スペースマーケットは、東京建物との資本業務提携を実施。
東京建物は、旧安田財閥の創始者・安田善次郎によって明治29年に創立され120年を超える歴史ある不動産会社で「お客様第一の精神」と時代の流れを先んじて捉える「進取の精神」を企業活動の原点として、不動産開発事業をはじめとする様々な事業を展開してきた。
今回の資本業務提携により、これまでの「売買」「賃貸」に「時間貸し」というスペースシェアの選択肢を加え、これまでになかった新しい経済循環を生み出し、東京建物が行う様々な事業と連携し、不動産開発や運用・活用手法の多様化を実現していく。
具体的な取り組み事例としては、マンションのモデルルーム等の有効活用や再開発エリアの不動産活用、賃貸不動産や商業施設等のシェアスペースを取り入れた空室活用や、「シェアスペースを前提とした」新しい不動産の開発など、不動産開発・運営をはじめとする様々な事業において、スペースマーケットのプラットフォームが可能とする「時間貸し」という新たな概念を用い、協業に取り組んでいく。

以下の施設をスペースマーケットへ掲載予定

出典:東京建物

第三者割り当て増資で事業拡大へ

また、スペースマーケットは、東京建物との提携に加えて、XTech Ventures株式会社・株式会社オプトベンチャーズ・みずほキャピタル株式会社・個人投資家の千葉功太郎氏を引受先とした第三者割当増資を実施。
これにより、スペースシェアリングによる不動産利活用のイノベーションを加速させ事業拡大を行っていく方針。

出典:スペースマーケット

【合わせて読みたい】

空き家リノベ「NAGANOまちづくり応援ファンド」設立

鎌倉での古民家再生、民泊運営でカヤックとくらつぐが提携

「泊まれる本格宮大工建築」お花茶屋森谷邸、11月16日開業

一休.com、京都・亀岡に一棟貸切施設「「離れ」にのうみ」

古河市古民家活用、ホームアウェイ 、楽天ライフルステイ連携

関連記事