ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ビーロット、雪(せつ)ニセコ アセットマネジメント業務受託

ビーロット、雪(せつ)ニセコ アセットマネジメント業務受託

投稿日 : 2019.01.18

北海道

新規ホテル情報

株式会社ビーロットが本日1月18日(金)、北海道倶知安町ひらふ地区の高級コンドミニアム「雪(せつ)ニセコ」のアセットマネジメント業務受託を発表した。

北海道倶知安町ひらふ地区に開発する高級コンドミニアム

株式会社ビーロットは、シンガポールの大手不動産開発会社であるSCグローバル・デベロップメンツの北海道倶知安町ひらふ地区に開発する高級コンドミニアムのアセットマネジメント業務を受託した。

同プロジェクトは、開発が相次ぐ同地区で最大の規模となる。

同社は北海道ニセコ町アンヌプリ地区にてホテルコンドミニアム「the kamui niseko」を開発・完売した実績があり、シンガポールの現地法人であるB-LOT SINGAPORE PTE. LTDを介して、初めてのニセコ開発を手掛けるSCグローバル社の投資及び運用のサポートをすることになる。

今後も、同社の開発ノウハウやグループ会社であるB-LOT SINGAPORE PTE. LTD及びビーロット・アセットマネジメント株式会社とのシナジー効果を発揮し、受託案件の拡大を目指していくという。

 【同施設 概要】
施設名:雪(せつ)ニセコ
所在地:虻田郡倶知安町字山田181番地54、181番地55
事業主:Yamada Investment特定目的会社(SCグローバル社が出資するSPC)
設計者:株式会社久米設計
竣工(予定):2021年12月
用途 / 構造(予定):コンドミニアム(ホテル) / 鉄骨造・一部RC造 地下1階・地上6階建
客室数(予定):全190室
敷地面積:10,292㎡

北海道倶知安町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、倶知安町には2019年1月現在宿泊施設が259、部屋数にして3,265が供給されている。

同町は2018年1月初めには256施設が展開しており、1年間で3施設が増加、部屋数では同3,023室から242室が増加した。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

開業すると190室で同ホテルは最大規模の施設となる。

新規開業としては同ホテルの他にパークハイアットHANAZONOが2019年12月に100室での開業を予定するなど新規開業も相次ぐ地域となっている。

【合わせて読みたい】

ビーロットとナインアワーズが業務提携

株式会社ビーロット「(仮称)京都恵美須屋町旅館」

ビーロット「沖縄県那覇市 ティサージホテル那覇」売却完了

ビーロット「大阪市北区 特区民泊施設対応マンション」

ハイアット ハウス ニセコが正式開業を発表

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事