ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ビーロットとナインアワーズが業務提携

ビーロットとナインアワーズが業務提携

投稿日 : 2019.01.15

指定なし

ホテル関連ニュース

不動産金融コンサルのビーロットは、カプセルホテル「ナインアワーズ」と宿泊施設の新規出店に対するファイナンス支援に関する業務提携契約を締結した。

大型商業施設ヘテナント出店を加速

両社は、これまでに3件の共同プロジェクトを行い、簡易宿泊所タイプの収益不動産を商品化する成功ノウハウを協同で創り上げてきた。

今般の業務提携は、ビーロットがナインアワーズの新規店舗開発支援を行い、ナインアワーズはビーロットの新規顧客の開拓に寄与することで、シナジー創出を目的とするもの。

グローバル機能の拡充を図る大都市圏にて、比較的安価で宿泊可能なカプセルホテルの開発は地域魅力度の向上や活性化するものと捉え、社会的意義が高いビジネスである為、業務提携に至った。

「ナインアワーズ」は、都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスという独自のカテゴリ一を目指し、ホテル滞在中の「シャワー」+「睡眠」+「身支度」という3つの基本行動に特化してそれぞれの機能性と品質を徹底追求する考えで独自に開発したカプセルホテル業態による24時間いつでも利用可能な宿泊・短時間滞在サービスを展開。

今般の業務提携に基づき、ピーロットが施主として2019年以降3物件ほどの店舗開発を予定し、国内大都市圏の大型商業施設へのテナント出店を推進していく。

これまで小売店を中心に構成されてきた大型商業施設は、近年の消費動向の変化により、体験型店舗や公共施設など、物販にとどまらないさまざまな業態が入居し、時代に即した利便性の高い施設へと変化。

機能性と品質を徹底追求する考えで開発した「ナインアワーズ」のシンプルなスタイルは、大小また、地階から高層階まで、あらゆるロケーションヘの出店が可能。

利便性の高い立地への出店により、都市と都市を移動する旅行者へむけて、独自のトランジットサービスを展開する。

「ナインアワーズ」は、今後もターミナル型施設や、大型モールなどへの出店を強化してゆく予定。

【両社 概要】

「株式会社ナインアワーズ」
所在:東京都千代田区神田錦町3-19-1 不二ラテックスビル7F
設立:2013年8月
代表者:代表取締役ファウンダー 油井啓祐
    代表取締役CEO 松井隆浩
主力事業:「ナインアワーズ」および既存カプセルホテル等の運営・コンサルティング事業

「株式会社ビーロット」
所在:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス10階
設立:2008年10月10日
代表者:代表取締役社長 宮内 誠
上場市場:東証一部:3452
事業内容:不動産投資開発事業、不動産コンサルティング事業、不動産マネジメント事業

【合わせて読みたい】

カプセルホテル「ナインアワーズ新大阪駅」10月22日開業

ナインアワーズが本年7月に蒲田で開業を発表〜羽田に隣接する大田区のホテル進出状況

株式会社ビーロット「(仮称)京都恵美須屋町旅館」

ビーロット「沖縄県那覇市 ティサージホテル那覇」売却完了

ビーロット「大阪市北区 特区民泊施設対応マンション」

関連記事