ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパホテル〈新宿歌舞伎町中央〉2019年6月18日開業

アパホテル〈新宿歌舞伎町中央〉2019年6月18日開業

投稿日 : 2019.06.18

東京都

新規ホテル情報

アパホテルは、本日6月18日、新宿エリア7棟目となるアパホテル〈新宿 歌舞伎町中央〉(東京都新宿区歌舞伎町2丁目、166室)を開業した。新宿区ホテル展開状況と合わせお伝えする。

新宿エリア7棟目のアパホテル、歌舞伎町の中心に開業

出典:アパホテル〈新宿 歌舞伎町中央〉

同ホテルは、日本最大の繁華街「歌舞伎町」の中心に位置し、西武新宿線「西武新宿駅」徒歩3分、世界最大の乗降客数を誇るターミナル駅「新宿駅」徒歩6分と交通至便な立地であり、ビジネス需要はもとより、国内レジャーやインバウンド(海外旅行者)需要も見込んでいる。

客室は全室禁煙で、アパが誇る「新都市型ホテル」の標準仕様として、全室50型以上大型液晶テレビを設置。照明スイッチ類、空調リモコンなどをベッドの枕元に集約し、携帯・スマホの充電に便利なUSBポート・コンセントを枕元に設置した。

室内の明るさにもこだわりLEDシーリングライトを採用。また、ベッド下に荷物の収納スペースを設けたオリジナルベッド「Cloud fit SP(クラウドフィット エスピー)」(幅1,400㎜)やリュックサック等を掛けるフックを設けた多機能姿見を設置し、空間を立体的に活用しているほか、Wi-Fi無料接続(全客室およびロビー)やBBCワールドニュースの無料放映を導入し、増加する訪日外国人旅行者も快適に滞在できる客室を提供する。

館内案内をテレビ画面上に集約表示した「アパデジタルインフォメーション」(日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語に対応)には、自身のスマホからYouTubeの動画や写真などをテレビに映すことができる「ミラーリング機能」や訪日外国人向けの飲食店予約代行サービスを搭載しており、機能性・利便性を追求した客室空間としている。

またホテル最上階の客室には、オリジナルシャンデリアを設置し、家具には高級感のある黒鏡面塗装やレザー張りを施しグレードを高めた「スーペリアルーム」を設けた。

出典:アパホテル〈新宿 歌舞伎町中央〉

開業記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄氏が、「当ホテルは、新宿エリア7棟目のアパホテルであり、日本一の歓楽街である歌舞伎町の中心に開業できたことを嬉しく思う。世界一の乗降客数を誇る新宿駅周辺の既存ホテルは年間稼働率100%を超えており、当ホテルは収益面でも期待をしている。2010年の『SUMMIT 5』以降、東京での出店を推し進め、現在、東京23区内では80棟・19,118室のホテル展開しており、山手線沿線では半数近くの駅で出店している。また、進化するアパホテルとしてアイデアコンテストを実施し、5,000件を超える応募をいただいた。今後もお客様の要望に沿ったホテルづくりを行い、更なる進化を遂げていきたい。」と述べた。

出典:アパホテル

東京都新宿区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、新宿区には宿泊施設が214、部屋数にして21,881室が提供されている。新規開業予定は20施設、部屋数にして新たに2,269室が提供される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

ホテルリブマックス新宿EAST、2019年5月20日開業

UDS「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」2019年5月8日開業

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア、2019年11月22日開業

レジデンストーキョー、日本初のダイバーシティホテル開業

関連記事