ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANAがオーストラリア南西部の都市パースへ新規就航

ANAがオーストラリア南西部の都市パースへ新規就航

投稿日 : 2018.12.26

海外

インバウンド

ANAは、2019年9月1日(日)より、日本のエアラインとして初めて成田からオーストラリア南西部のパースへ新規就航。パースは、ANAとしてオセアニアにおいてはシドニーに次ぐ2番目、世界では45番目の就航都市となる。

季節が逆で年間で双方向のレジャー需要を期待

ANAは、2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略に基づき、未就航エリアへの路線拡大を図り、国際線事業を柱に成長戦略を遂行。

これまでは日本からパースに渡航するにはアジアの都市を経由する必要があったが、唯一の直行便就航により、日本からオーストラリア西部への渡航が格段に便利になる。

鉱物資源・天然資源をはじめとした主力産業によるビジネス需要に加えて、近年ますます増加する訪日需要を取り込んでいく。

パースは歴史ある建物と近代的な建物、緑豊かな自然が見事に調和したオーストラリア西部最大の都市で「世界で最も美しい街」と言われており、豊富な観光資源にも恵まれている。

また、日本とパースでは季節が逆となるため、日本からの顧客には、夏場の避暑地ないしは冬場のビーチリゾートとしてパースを満喫してもらう一方、オーストラリアからの顧客には、夏場に日本のウィンターリゾートを楽しんでもらうなど、年間を通じて双方向の安定したレジャー需要が期待できるマーケット。

TPPやRCEP(東アジア地域包括的経済連携)等の経済連携強化により、アジア太平洋地域におけるヒト・モノの流動がより一層拡大していくことが期待されている。

ANAは新規路線開設により日本・オーストラリア両国間の交流拡大に貢献していきたい考え。

また、オーストラリア政府観光局は、ANAが本日12月26日に発表した成田-パース線新規就航のニュースを歓迎し、日本マーケットにおける更なるオーストラリアへの観光促進を図っていく方針を示した。

出典:ANA

【合わせて読みたい】

ANA国内線航空×キャンピングカー・車泊

ANAでペイパルが利用可能に

ANA「ヤフーパック」でANA国内線航空券と国内宿泊プラン

スマートボックス、ANAマイレージクラブに参加

ANA、ホノルルへエアバスA380型機就航、新機内サービス

「食べログ」ANAのハワイ情報サイトとのデータ連携

関連記事