ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 愛知大学が10月19日に防災シンポジウム「地域と防災」開催

愛知大学が10月19日に防災シンポジウム「地域と防災」開催

投稿日 : 2019.10.10

愛知県

ホテル関連ニュース

愛知大学名古屋キャンパスでは、10月19日(土)に防災シンポジウム「地域と防災」を開催。内閣府政策統括官付(防災担当)統括参事官の黒田昌義氏の基調講演や、「地域と防災~中部圏を事例に~」をテーマとしたパネルディスカッションを行う。一般参加可。事前申込不要、参加無料。

愛知大学が取り組んでいる「『越境地域マネジメント研究』を通じて縮減する社会に持続性を生み出す大学」は、2018年度の文部科学省私立大学研究ブランディング事業に採択されている。

甚大な被害をもたらす災害は、縮減社会においてより深刻な地域影響を生み出すため、あらゆる地域の枠を越えた越境地域マネジメントが重要となる。こうした観点から愛知大学は、10月19日(土)に防災に関するシンポジウム「地域と防災」を開催する。

シンポジウム当日は、内閣府政策統括官付(防災担当)統括参事官の黒田昌義氏による基調講演をはじめ、名古屋市防災危機管理局次長の坂野正典氏、愛知県建設局技監の豊田正博氏、愛知大学地域政策学部教授の蒋湧氏、愛知大学名誉教授の西堀喜久夫氏らが「地域と防災~中部圏を事例に~」をテーマとしたパネルディスカッションを行い、防災に関して何が必要なのか議論を深める。

出典:愛知大学

【防災シンポジウム「地域と防災」概要】
日時:10月19日(土)15:00~18:00
会場:愛知大学名古屋キャンパス グローバルコンベンションホール(名古屋市中村区平池町4-60-6(ささしまライブ内))

【合わせて読みたい】

台風第15号被害、千葉県内停電続く、ホテル浴場無料開放

観光庁、災害時情報提供アプリ「Safety tips」11言語に拡大

危機管理産業展2019(10月2−4日)東京ビックサイト開催

総務省、デジタルサイネージ活用の外国人向け災害情報提供

観光客を守る防災体験型講習会、西新宿で10月29日開催

JNTO公式Twitterアカウント「Japan Safe Travel」開設

関連記事