ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 危機管理産業展2019(10月2−4日)東京ビックサイト開催

危機管理産業展2019(10月2−4日)東京ビックサイト開催

投稿日 : 2019.09.12

東京都

ホテル関連ニュース

東京都では安全・安心な都市の実現に向け、様々な施策を通じた危機管理に対する取組を推進。このたび、東京都特別協力のもとで、東京ビッグサイト主催「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2019」を10月2日(水)-4日(金)に開催する。

『危機管理』をテーマにした国内最大級の総合トレードショー

出典:危機管理産業展

今年で15回目となる『RISCON TOKYO』は、災害・犯罪・事業活動におけるリスクに対応する製品・技術・サービスを展示する国内唯一の「危機管理総合トレードショー」。

展示構成は「防災・減災」、「セキュリティ」、「事業リスク対策」の3分野に加え、サイバー攻撃への最新対策ソリューションを訴求する「サイバーセキュリティワールド」のほか、労働安全対策にフォーカスした「PPE・労働安全フェア」、気象災害対策や気象データの利活用を提案する「気象ビジネスサミット」を特別併催企画として新たに実施。

あらゆるリスクを網羅した最新の資機材・サービスをハード・ソフト両面から提案する。

出典:東京都

【概要】

会期:10月2日(水曜日)~4日(金曜日)各日とも10時00分~17時00分

会場:東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホール

主催:株式会社東京ビッグサイト

特別協力:東京都

出展者数:298社445小間(共同出展含む、9月10日現在)

来場者数:20,000名(予定)※前回実績:19,351名

入場料:2,000円(招待券持参者・ホームページによる事前登録者は無料)

【合わせて読みたい】

台風第15号被害、停電により千葉県宿泊施設の営業に支障

総務省、デジタルサイネージ活用の外国人向け災害情報提供

観光客を守る防災体験型講習会、西新宿で10月29日開催

JNTO公式Twitterアカウント「Japan Safe Travel」開設

関連記事