ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ゆこゆこが直近1年の全国の人気温泉地ランキングを発表

ゆこゆこが直近1年の全国の人気温泉地ランキングを発表

投稿日 : 2019.12.09

静岡県

ホテル関連ニュース

温泉宿泊予約サービスや温泉メディア事業を行うゆこゆこホールディングス株式会社は、このほど、60代以上のアクティブシニア層が7割を占めるゆこゆこ会員のゆこゆこネット経由での予約・宿泊が多かった人気温泉地を集計し、ランキング結果を発表した。

アクティブシニア層には関東近郊の温泉地が人気

同社は、温泉に特化した宿泊予約サービスを運営。同社の現在の会員は60代以上のアクティブシニア層が7割を占める。

また、ゆこゆこを通じて、年間229万人が日本全国の温泉宿に宿泊しているという。

今回、同社の会員が直近1年間(2018年12月3日~2019年12月2日)に『ゆこゆこネット』経由で予約・宿泊した全国の人気温泉地をランキングにした。

出典:ゆこゆこ

同調査の結果、アクティブシニア層には静岡県の熱海温泉、伊東温泉や栃木県の鬼怒川温泉、群馬県の草津温泉、神奈川県の湯河原温泉・箱根仙石原温泉などいずれも東京から1-2時間で到着できる関東近郊の温泉地が人気であることがわかった。

【合わせて読みたい】

「ゆこゆこ」が静岡県・稲取温泉のサテライトオフィス

ブレインパッド「温泉旅DMP」をゆこゆこと構築し、データ活用マーケティング

「ゆこゆこネット」内に 温泉地のクチコミページ

宿泊予約サービスのゆこゆこ「温泉ソムリエ認定者割引券」

温泉旅館・ホテル予約「ゆこゆこ」新コンテンツ発表

関連記事