ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 道後温泉「大和屋本店」入退室管理と顔認証の実証実験

道後温泉「大和屋本店」入退室管理と顔認証の実証実験

投稿日 : 2019.12.05

愛媛県

ホテル関連ニュース

フォトシンスデジタルピアは、2019年12月5日より道後温泉の大和屋本店(愛媛県松山市)にて「Akerun入退室管理システム」、顔認証技術を活用した従来の物理鍵を必要としない「おもてなしマスター・スマートドア」の実証実験を開始する。

キーレス体験で、宿泊者の利便性と快適性をさらに高める

出典:フォトシンス

現在、観光業や宿泊業では、労働人口の減少やインバウンド(訪日外国人旅行)需要の増加、旅行客のニーズの多様化など、業務のさらなる効率性や生産性の向上と同時に、日本らしい、おもてなしに代表される付加価値のさらなる向上が求められている。

今回の実証実験では、デジタルピアの旅館ホテル業向け業務ソフト「おもてなしマスター」とフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」とNECの顔認証システムを組み合わせ、大和屋本店に宿泊する顧客が、チェックインから部屋の入退室、そしてチェックアウトまでを顔認証で行うことが出来る。これにより、大和屋本店における顧客の物理キーレス体験と最上級のおもてなしを創出することを目指すという。

これにより、顧客が部屋の鍵を持ち歩たり、管理する必要がなくなるため、鍵の紛失などを防止できるなど、安心、安全が向上。また、顔認証によるスマートな入退室で顧客の利便性が高まり、宿泊中の負担が軽減される。

また、実証実験を行う大和屋本店では、サービス提供が効率化されることで、大和屋本店の従業員の業務負担が軽減され、顧客へのおもてなしを強化や旅館業務の高度なデジタル化を通じて、不足する労働人口を補完することなどが期待されるという。

「おもてなしマスター・スマートドア」はNECの顔認証システムを導入し、旅館業に特化した顔情報を連動させた仕組みのシステム。

「Akerun入退室管理システム」は世界初の後付型スマートロック「AkerunPro」または「Akerunコントローラー」を用いた、IoTを活用したクラウド型入退室管理システム。

【概要】

プロジェクト名:道後温泉「大和屋本店」における「おもてなしマスター・スマートドア」構想

実施期間:2019年12月5日〜2020年2月27日

実施対象:道後温泉「大和屋本店」の「おもてなしマスター・スマートドア」が設置された部屋に宿泊する顧客

実施企業:株式会社デジタルピア(全体のシステム構築、運用、保守)、株式会社フォトシンス(Akerun入退室管理システムの提供)

【合わせて読みたい】

南紀白浜「IoTおもてなしサービス実証」にアドベンチャーワールドが参加

TB、スマートロックを「まゆ玉キャビン」に導入

JR四国、道後温泉、ホテル「道後やや」取得

関連記事