ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > リクルートライフスタイル「トリップAIコンシェルジュ」外国語応答

リクルートライフスタイル「トリップAIコンシェルジュ」外国語応答

投稿日 : 2019.06.10

指定なし

インバウンド

「じゃらん」を企画・編集する株式会社リクルートライフスタイルは、 AI(人口知能)を活用したチャット形式の問い合わせ対応サービス「『トリップAIコンシェルジュ』外国語応答」の申込受付を、2019年7月1日(月)に開始する。

7月1日に申込受付開始、12月より順次提供開始予定

出典:トリップAIコンシェルジュ

リクルートライフスタイルは、1990年の旅行情報誌『じゃらん』創刊より、旅行サイト『じゃらんnet』や『じゃらん』を中心に、宿泊施設に対して集客支援サービスを提供してきた。

しかし、急激に変化する宿泊業界は、労働人口の減少などにより従業員の業務負荷が増しており、生産性向上が課題とも言われている。そのような課題を解決するとともに、さらなる業界の発展に寄与することを目指し、リクルートライフスタイルは宿泊施設の業務負荷を軽減する業務支援サービスを2018年3月より提供開始した。

『トリップAIコンシェルジュ』は、宿泊施設の定型的な問い合わせ対応業務の負荷軽減を目指している。同サービスを活用することで、宿泊施設は顧客の満足度を上げるための接客により専念し、顧客は気軽に質問して回答を得ることができるようになる。

活用している宿泊施設からは、今後も増加が予想されるインバウンド対応に向けて外国語対応してほしいとの要望も多くあった。そこで、同サービスの多言語版である外国語応答機能の提供を決定した。

『トリップAIコンシェルジュ』は、宿泊施設の業務を効率化し、旅行業界全体の付加価値を最大化させることで、旅行業界の発展を目指していくという。

「『トリップAIコンシェルジュ』外国語応答」は、『トリップAIコンシェルジュ』(日本語版)のオプション機能。英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語による問い合わせに、AIを利用して自動で応答。顧客は端末の言語設定に応じてスムーズにアクセスし、質問をすることができる。

対応言語:英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語
申込受付開始:7月1日(月)
提供開始:12月より順次(予定)
価格:月額5,000円(税抜)
※『トリップAIコンシェルジュ』を利用の宿泊施設へ提供可能

『トリップAIコンシェルジュ』は、顧客と宿泊施設をつなぐ、AIを利用した問い合わせ対応サービス。AIによる自動応答のため、顧客は24時間いつでも気軽に問い合わせをし、即時に回答を得ることができる。

宿泊施設は『トリップAIコンシェルジュ』の利用開始前に、定型的な問い合わせに対する回答を入力することで、利用開始後は、顧客からの問い合わせに対して自動で応答が行われるようになる。それにより、電話やメールなどの問い合わせ対応業務負荷を軽減することができる。

価格:月額制、客室数に応じて1~3万円(税抜)
・50室以下 月額1万円
・51~100室 月額2万円
・101室以上 月額3万円

出典:リクルートライフスタイル

【合わせて読みたい】

『じゃらん』年末年始 国内旅行、人気旅行先ランキング

岡山復興支援、宿泊割引「じゃらん」「楽天」から

訪日観光メディア「tsunagu Japan」がTradFitへ連携開始

AIチャットボット「talkappi」が銀座鮨正、海外2店舗に導入

関連記事