ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 『じゃらん』年末年始 国内旅行、人気旅行先ランキング

『じゃらん』年末年始 国内旅行、人気旅行先ランキング

投稿日 : 2018.12.06

ホテル関連ニュース

旅行サービス『じゃらん』は、旅行サイト『じゃらんnet』の年末年始(2018年12月22日(土)~2019年1月6日(日))の国内宿泊予約状況から、国内旅行の人気旅行先についてまとめた。

トップは東京、2位は大阪、3位に北海道

『じゃらんnet』の年末年始期間の国内宿泊予約状況を、人泊数をベースに都道府県別のランキングにしたところ、1位は東京都となった。2位は大阪府となった。
大阪府躍進の要因としては、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの11月~1月の期間限定イベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」で開催中の「天使のくれた奇跡」が今年で見納めとなることや、大阪万博誘致のための地元でのPRも影響している模様。

エリア別の予約では大阪駅周辺が最も多く、ベイエリア、心斎橋・なんばエリアと続く。

北海道は昨年の2位から3位に順位を下げた。

昨年7位から6位に順位を上げた沖縄県は、離島のほか、本島の北部・南部も人気となっているという。

出典:リクルートライフスタイル

前年比取扱高増加率1位は長崎
また、『じゃらんnet』の年末年始期間の国内宿泊予約状況を、取扱高の増加率でランキングにしたところ、1位は長崎県に。2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録され注目が高まっていることと、ハウステンボスでのイベントなどで人気となっている。

2位の愛媛県では、来年2月まで「道後オンセナート」が開かれるなど、アートでおしゃれな温泉街として人気が高まっていることに加え、道後温泉本館の保存修理工事を前に、昨年より多くの人が訪れると予想される。

出典:リクルートライフスタイル

【合わせて読みたい】

阪急交通、年末年始の海外・国内旅行の予約動向

阪急交通、クリスマスの海外旅行先ランキング

関連記事