ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > AIチャットボット「talkappi」が銀座鮨正、海外2店舗に導入

AIチャットボット「talkappi」が銀座鮨正、海外2店舗に導入

投稿日 : 2019.05.27

海外

東京都

インバウンド

多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズは、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」を、株式会社アミノが経営する銀座鮨正およびマレーシアの2店舗に導入する。

飲食店向けに「talkappi」を初導入

2017年12月にリリースした「talkappi」は、AI による多言語での問合せへの自動応答、マーケティング支援などの機能を備えたチャットボット。

旅行者が普段利用のスマートフォンから、Webブラウザーに加えてLINE、Facebook messenger、WeChatといった国内外のメッセージアプリでも使うことができるため、ユーザーとの接点を旅マエ~旅アトにわたり維持できる強みがある。

日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーする。

ホテルの「Hotel Village」、「グランドニッコー東京 台場」、地域DMOの「草津温泉観光協会」、自治体の「高知市」、旅行会社の「沖縄ツーリスト」、不動産会社の「株式会社アットイン」などで既に導入されており、問合せへの自動応答率が高いということで好評を得ているという。

アミノは、「うまい鮨勘」「銀座鮨正」など、回転寿司13店、寿司料理店14店、海外店舗3店(うちFC1店)を展開しており、「鮨勘は仙台を代表するブランド」となっている。

このうち、「銀座鮨正」は、銀座に位置する同社の旗艦店であり、多くの外国人観光客に利用されている。

今回、質問に自動応答するだけでなく、多言語による予約受付が可能であること、SNS経由のリマインドにより顧客の予約忘れが防止できることが評価され、マレーシアの2店舗と合わせて、銀座鮨正に「talkappi」を導入。

アクティバリューズとして、飲食店向けに「talkappi」を導入するのは初となる。

【合わせて読みたい】

AIチャットボット「talkappi」が高知市に導入

チャットボットtalkappiが実現する外国人接客コンシェルジュ

チャットボットtalkappiがマンスリーマンション大手のアットインに導入

チャットボット talkappiが大阪東急REIホテルに導入

関連記事