ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ツーリズムEXPOジャパン 2019大阪・関西、10月24-27日

ツーリズムEXPOジャパン 2019大阪・関西、10月24-27日

投稿日 : 2019.10.09

大阪府

ホテル関連ニュース

公益社団法人 日本観光振興協会、一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)は、「ツーリズム EXPO ジャパン 2019 大阪・関西」を10月24日(木)~27日(日)までの4日間、インテックス大阪にて開催する。

大阪・関西らしさ満載!〜IR、VR、歴旅、グルメetc.〜

出典:ツーリズム EXPO ジャパン 2019 大阪・関西

同EXPOは、令和を迎えて初めての開催となる今年は、初めて東京を飛び出し、関西に初上陸。大阪・関西を中心とした行政、民間、経済団体が新規出展も含め多数出展。2025年の日本国際博覧会を前に、盛り上がりをみせる関西エリアで「観光の未来」を示す世界最大級の総合観光イベントとして、豊富な情報を発信する。

2019年ラクビーワールドカップ、2020年東京オリンピック、2021年はワールドマスターズゲームズなど、国際的イベントが日本にて継続的に行われる近年、中でも世界的に注目を集めているのが関西エリア。

ツーリズム EXPO ジャパン大阪・関西初開催にあたり、今年は関西エリアからの出展ブースが拡大。今回は「スポーツ・食・ウェルネス・笑い」の4つのコンセプトを掲げ、関西の自治体をはじめ企業、団体が一丸となって地元関西の魅力を多方面からアピール。

同EXPOでは IRの魅力を体験できるエリア「IR ゲーミング EXPO2019」を同時開催。

昨年7月、特定複合観光施設区域整備法(IR実施法)が成立し、観光促進への期待が高まる中、国内外の10社以上のIR事業者および団体が出展する。

また、昨年の「ツーリズム EXPO ジャパン」で好評だった体験コンテンツであるVRによる旅の疑似体験がさらに拡充し、最新のVR技術により、リアルにその地域の景色や雰囲気、サービスを体感することができる。

ここ数年、「御朱印集め」、「城めぐり」、「日本刀」など日本史ブームが様々な形で起こっている中、今年ついに新時代「令和」を迎え、益々日本の歴史を紐解く楽しさを実感する人々が増えている。そしてその波は、歴史や文化を感じ、さらに体験することで学びにもなる旅やツアーがトレンドに。同EXPOでは、各地域の歴史を感じ、学びながら楽しめる情報を多数届ける。

さらに、くいだおれの街と称される大阪での開催にちなみ関西ならではの絶品グルメを揃えた「関西うまいものコーナー」エリアを新設し、大阪開催ならではのグルメを堪能できる。行列必死の毎年恒例企画、「どんぶり選手権」も開催する。

【合わせて読みたい】

ツーリズムEXPOジャパン2018閉幕ーAI、タイムシェア、IR

百戦錬磨の農泊がジャパン・ツーリズム・アワード「国土交通大臣賞」

ジャパン・ツーリズム・アワード、3月15日より募集開始

大阪万博決定、開催地の夢洲、大阪市此花ホテル展開

関連記事