ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大阪万博決定、開催地の夢洲、大阪市此花ホテル展開

大阪万博決定、開催地の夢洲、大阪市此花ホテル展開

投稿日 : 2018.11.25

大阪府

ホテル統計データ

2025年の大阪万博の開催が決定。開催地となるのは、大阪市此花区、夢洲。同地ではホテル数が近年激増、今回の開催の決定で2025年までさらなる開発が予想される。

出典:大阪万博

国際博覧会の開催が大阪に決定

11月23日(金曜日)にパリで開催されたBIE(博覧会国際事務局)総会において、2025年国際博覧会の立候補国がBIE加盟国に対し、開催国決定投票前の最後となるプレゼンテーションを行った。
その後、BIE加盟国による投票により、2025年国際博覧会の開催国が日本に決定した。

2025年国際博覧会の開催国について、BIE加盟国による投票結果は以下の通り。
第1回目投票
日本       85票
ロシア      48票
アゼルバイジャン 23票
決戦投票
日本       92票
ロシア      61票

大阪市此花区ホテル展開状況

大阪万博2025が行われる場所は大阪の夢洲で住所は、大阪市此花区となる。

メトロエンジンリサーチによると、大阪市此花区の宿泊施設は33、部屋数にして4,054が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同地では、2015年11月時点では19施設であったものが、ここ3年の間に14施設が開業した。

この背景には万博の開催とそれに伴う再開発があり、今回開催が正式に決定したことにより、2025年に向けてさらにホテル開発が拡大することになるだろう。

【合わせて読みたい】

大阪観光局と大阪府旅館ホテル組合が連携

大阪府の訪日客が初の1,000万人台へ LCCの増便などで「おおきに」

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市中央区で生き残る鍵とは

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市北区で生き残る鍵とは

関連記事