ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁、主要旅行業者の旅行取扱状況、2019年1月分発表

観光庁、主要旅行業者の旅行取扱状況、2019年1月分発表

投稿日 : 2019.03.08

指定なし

ホテル統計データ

観光庁は主要旅行業者の2019年1月分の旅行取扱状況を速報した。結果は全体で前年同月比101%、総取扱高が338,642,594(千円)となった。

海外旅行の総取扱額は対前年同月比100.1%の141,113,632(千円)。個人旅行は欧州への取扱いは好調であったものの、中国・韓国を中心としたアジア方面への取扱いが前年割れであり、総取扱額は前年同月と比べほぼ同じであった。

訪日外国人旅行は総取扱額が対前年同月比102.4%で13,289,492(千円)となった。欧米豪市場を中心に引き続き堅調に推移し、総取扱額は前年同月と比べ増加した。

国内旅行は総取扱額が対前年同月比101.6%の184,239,467(千円)となった。北海道での「ふっこう割」が好調であり、総取扱額は前年同月と比べ微増であった。

出典:観光庁

旅行業者別では、トヨタツーリストインターナショナルが国内旅行を激増させ、前年同月比142%となった。

また、WILLERもまた、国内旅行で激増しており、同189%の著しい上昇を続けた。

【合わせ読みたい】

主要旅行業者の旅行取扱状況、2018年12月

主要旅行業者の旅行取扱状況速報、2018年11月分

主要旅行業者の旅行取扱状況速報、2018年10月分

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(2018年9月)

関連記事