ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 海上コンテナ活用ホテル「トラコ・コノハナ」10月31日開業

海上コンテナ活用ホテル「トラコ・コノハナ」10月31日開業

投稿日 : 2018.10.17

大阪府

新規ホテル情報

関西圏を中心に新築分譲住宅を供給する株式会社サンユー都市開発グループの株式会社SANTAVELは、USJ徒歩圏内の立地に「TORACO Konohana」(トラコ・コノハナ)を10月31日(水)に開業。コンテナモジュールを活用し、1基でツインルーム、2基連結して4~5人が泊まれる新感覚施設。

出典:サンユー都市開発

コンテナホテル、キッチン設備、移動可能、設置拡大を予定

TORACOの意味はTransit(トランジット)+Cotage(コテージ)とを組み合わせて、「TORACO」と名付けた。

第一号となる同ホテルはUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)で1日中遊んでたどり着く最後のエリアをイメージして作った。

全客室すべて異なるインテリアは、国内外で今人気のデザインテーマで表現。遊び疲れた足を癒すフットマッサージ機を全客室に設置。4~5人部屋はセパレートトイレとなっており、ユニットバスでは湯船に浸かれる。次の日は部屋でゆっくりできるようにミニキッチンも全客室に設置、チェックアウトは12時としている。また、大阪観光の拠点と出来るように長期の方向けに洗濯機・乾燥機、貸出しアイロン、貸出し調理器具、飲料用自動販売機、買い出しに便利な貸自転車も準備している。

コンテナは中国から輸入しており、日本の工場で内装を制作し、トレーラーで現地に運搬して完成。現地での作業期間は2カ月程度で済み、天候や近隣住宅への影響を低減出来る。

また、移動も出来るので汎用性もあり、移動可能なコンテナホテルであるため、災害時の被災地での利用や遊休地の一時利用も可能。
同ホテルは今後も設置エリアを拡大する予定だ。

【同ホテル概要】
所在地:大阪府大阪市此花区島屋3-2-20
アクセス:JRゆめ咲線 安治川口駅より徒歩 約5分
敷地面積:約269.71㎡(81.58 坪)
客室:全5部屋(2人部屋:1室/4人部屋:3室/5人部屋:1室)

ルーム

ルーム

ルーム

TORACOの外観

出典:サンユー都市開発

大阪府大阪市此花区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、USJが所在する大阪市此花区には宿泊施設が31、部屋数にして4,054が提供されている。

新規開業予定としては、同ホテルの他に、株式会社武蔵野が「(仮称)桜島一丁目ホテル計画」にて同区内最大となる760室の客室数の大規模な宿泊施設の開業を2019年秋に予定している。

【合わせて読みたい】

武蔵野がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに巨大ホテルを開業

オリックスが「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」をUSJ付近に2018年7月15日開業

楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

関連記事