ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

投稿日 : 2018.10.12

沖縄県

バケーションレンタル

楽天ライフルステイとコンテナ建築を中心に施設管理や建築事業を行うデベロップは本日10月12日(金)、楽天ライフルステイが提供する民泊・簡易宿所向け「Rakuten STAY」のサブブランドとしてコンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の開発・販売に合意した。

出典:楽天ライフルステイ

建築用コンテナモジュールを活用、1号店は沖縄・宮古島

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY(ライフルステイ)株式会社とコンテナ建築を中心に施設管理や建築事業を行う株式会社デベロップは、楽天ライフルステイが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」のサブブランドであるコンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の開発・販売において業務提携することに合意した。

同提携により、デベロップは、楽天ライフルステイが監修を行う同施設のデザイン・設計・施工を担い、販売代理店として、不動産オーナーへの営業活動を行う。また、本日10月12日(金)より、不動産オーナー向けに同施設への申込受付を開始する。建築用コンテナモジュール2個以上を掛け合わせた施設を1戸として、最低注文受付数は原則3戸からになる。

同施設は、土地の形状や用途に応じてデザインしやすい建築用コンテナモジュールを活用したコンテナ型宿泊施設で、複数の同施設とテラスやプールなどで構成される予定。同施設の宿泊施設としての運用代行については楽天ライフルステイが担う。

スクエア形状の建築用コンテナモジュールを各施設に使用しているため、不整形地においても、自由な施設の配置、組み合わせが可能。建築用コンテナモジュールを掛け合わせた複数の部屋で構成される一軒家タイプに加え、露天風呂や屋外ジェットバス、プールを備えた宿泊施設まで、条件や用途に合わせて施設を建築することができる。また、外壁や屋根などの施工を完了した状態で出荷することにより、一般的な在来工法より大幅な工期の短縮を実現する。コンテナ建築は、移設・増設・再利用が容易なため、サステナブル(持続可能)な次世代型建築として、注目を集めている。

同施設の1号店は2019年春頃、沖縄県宮古島市での開業を予定している。

楽天ライフルステイは、2017年11月に「Rakuten STAY」の提供を開始し、今回の同施設のほかにも、戸建型宿泊施設やホステル、京町家、ガレージハウスといった宿泊施設のタイプ別サブブランドを発表してきた。多様な旅行者のニーズに応え、宿泊施設選びをより容易にするため、今後も様々なサブブランドを展開していく予定だ。

出典:楽天ライフルステイ

 

合わせて読みたい
  • ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国...

  • 古河市古民家活用、ホームアウェイ 、楽天...

  • 新法施行後の民泊マーケット〜民泊はホテル...

  • 楽天ライフルステイ、コンドミニアム型特区...

関連記事