ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京阪グループ「THE THOUSAND KYOTO」新体験コンテンツ

京阪グループ「THE THOUSAND KYOTO」新体験コンテンツ

投稿日 : 2018.11.08

京都府

ホテル関連ニュース

京阪ホールディングスと京阪ホテルズ&リゾーツは、2019年1月29日(火)の「THE THOUSAND KYOTO」開業に向けて、地域との関係性を重視し、「京都の奥深さ」を体感してもらう取り組み、「OKUTRIP KYOTO」を開始する。

出典:京阪グループ

非公開エリアへの案内、新体験プログラム

OKUTRIP KYOTOは、京都の魅力を、宿泊者向けの「体験プログラム」、レストランから発信する「食の魅力」として提供するもの。近年急速に広まりつつある「モノ」から「コト・体験」への旅行者の志向の変化にも対応する。

「THE THOUSAND KYOTO」のコンセプトである、「京都の豊かな知恵に触れる“パーソナル・コンフォート”」を体現すべく、様々な企画やサービスを提供する。

具体的には、2018年3月21日にデビューした叡山電車の観光列車「ひえい」の貸切運行と、THE THOUSAND KYOTO の「食の魅力」を融合した、特別列車の運行を計画。洛北の豊かな自然とホテル自慢の料理を、現在は貸切不可の「ひえい」に乗って楽しむことができる。

また、ヘリコプター事業者の協力のもと、「京都の空」を楽しむアクティビティを提供。宿泊にヘリコプター・クルージングを組合わせた特別プランのほか、ホテルシェフが待つ特別なロケーションまでヘリコプターで移動しディナーを満喫する、プレミアムな野外レストランを計画する。

そのほか、京都西陣・呉服卸問屋でじっくりと反物選びをしての着物作り、新選組ゆかりの地として有名な通常非公開の場所への特別案内や寺院での座禅などを取り揃え、ガイドブックやツアーでは辿り着けない場所や会えない人、聞けない話、普段は地元の人でも体験できない京都の“奥”に案内する。

出典:京阪グループ

【合わせて読みたい】

京阪「THE THOUSAND KYOTO」2019年1月29日開業

【ホテル開発ランキング】京都エリア新規ホテル開発ランキング
京都の宿泊事情を変える可能性も 民泊物件がホテルに与える影響とは
京都府の客室数ランキング――京都市に宿泊施設が集中する理由と今後の展望

関連記事