ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京阪「THE THOUSAND KYOTO」2019年1月29日開業

京阪「THE THOUSAND KYOTO」2019年1月29日開業

投稿日 : 2018.09.05

京都府

新規ホテル情報

京阪ホテルズ&リゾーツは、京都駅前にフラッグシップホテルとして「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」を2019年1月29日に開業することを決定した。京都市下京区と周辺ホテルの展開状況を交えてお伝えする。

THE THOUSAND KYOTO シンボルの一つ、ロビー『大階段』

出典:京阪ホテルズ&リゾーツ

THE THOUSAND KYOTO
同ホテルは、来年1月の開業に向け、宿泊予約の受付を2018年9月16日(日)よりスタートする。
これまでの京都にはない一人ひとりのパーソナルな快適を追求した場所を届けたいという思いを込めて「パーソナル・コンフォート・ホテル」をコンセプトに掲げ、シンプルなサービスや品質の良さに価値を見出し、自分にフィットするサービスを選択しながら「自分にとっての豊かさ・心地良さ」に共感する人々をターゲットに展開する。個人のゆとりや時間を大切にし、それぞれに心地良い京都滞在と同ホテルならではの新しい京都体験の提供を目指す。
シンボルとなるロビーの大階段は、パーソナルな癒しにあふれた非日常への入口。細い路地のようなエントランスを通り抜けた先に現れる、京都の寺社にインスパイアされた石造りの大階段は、神社仏閣を訪れたときの清々しく、非日常へ入り込むような体験を演出する。
建物には京都の美しい山々の風景を表現した緑化を行うほか、環境や地域への配慮・貢献という観点から、太陽光発電による自然エネルギーをはじめ、京都の豊富な地下水脈を活かす井水活用システムを導入。省CO2の実現や、地域の防災拠点としても機能。京都の玄関口に建つホテルとして、ふさわしい価値を持った取り組みを展開する。
客室数:222室
住所:京都市下京区東塩小路町570
基本料金:一泊一室 63,000円~ ※税金・サービス料別
結婚式場や宴会場、スパ、ジムなどを有するラグジュアリーホテルとなる。

出典:京阪ホテルズ&リゾーツ

京都市下京区ホテル展開状況
メトロエンジンリサーチによると、同ホテルが開業する京都市下京区には宿泊施設が550あり、部屋数にして13,965が提供されている。
新規開業予定施設は同ホテルを含めて、14施設、部屋数にして2,082が新たに供給される予定。
特に同ホテルが開業する下京区の東塩小路町は京都駅の烏丸中央口付近の駅前であり、京都タワーにも隣接した地域。東塩小路町では、同ホテルの他に「(仮称)三井ガーデンホテル京都駅前」(136室)が2019年夏の開業を予定しており、競合となりそうだ。

出典:THE THOUSAND KYOTO

出典:京阪ホテルズ&リゾーツ

【関連記事】
「ネストホテル京都四条烏丸」が本年8月15日に開業ー2017年京都市観光統計、下京区ホテル出店状況
【ホテル開発ランキング】京都エリア新規ホテル開発ランキング
アパホテル〈京都駅東〉が2019年10月に開業
京都の宿泊事情を変える可能性も 民泊物件がホテルに与える影響とは
京都府の客室数ランキング――京都市に宿泊施設が集中する理由と今後の展望

関連記事