ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > タテル、保証サービス事業子会社化、株式会社サナス設立

タテル、保証サービス事業子会社化、株式会社サナス設立

投稿日 : 2020.01.10

指定なし

ホテル関連ニュース

株式会社TATERUは、同社グループにおいて展開していた保証サービス事業を独立化させるため、2020年1月に新会社「株式会社サナス」を設立した。

同社グループでは2016年より、主に同社の物件の入居者を対象に、保証サービスの提供により入居希望者がスムーズに入居できるサポートや、物件オーナーには、間口を広げた入居者の受け入れ、また、家賃の保証、回収業務、催促業務などをワンストップで行い、滞納リスクの軽減により安心できる賃貸経営を提供してきた。

同社においては保証サービスの一層の拡大を行うべく、新会社の設立を決定したという。

【新会社サナス 概要
社名:株式会社サナス
設立:2020年1月6日
資本金:1,000万円
代表者:竹谷雅樹
所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-8-20F
主な事業内容:宿泊施設・賃貸物件の保証サービス事業

【株式会社TATERU 概要】
設立:2006年1月23日
資本金 :72億86百万円
代表取締役CEO:古木 大咲
本社所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-8-20F
主な事業内容:アパートプラットフォーム事業、IoT事業、スマートホテル事業
主な子会社:株式会社TABICT、株式会社Robot Home

【合わせて読みたい】

「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」2020年2月開業

「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI 2、3」2020年2月開業

スマートホテルと投資家マッチング「TABICT PORTAL(仮)」

TATERUbnb「MUSUBI HOTEL京都四条大宮」4月3日開業

関連記事