ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」2020年2月開業

「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」2020年2月開業

投稿日 : 2020.01.08

福岡県

バケーションレンタル

株式会社TATERUの子会社である株式会社TABICTが企画開発を行う、町屋タイプの宿泊施設が福岡県博多区に竣工、2020年2月に開業を予定する。

「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」は、福岡県博多区の千代県庁口駅を最寄駅としたTABICTが展開するスマートホテル「MUSUBI」シリーズの町屋タイプ宿泊施設。博多区千代ではすでに、アパートタイプの宿泊施設を2棟開業済みだが、この度新たに町屋タイプを竣工し、2020年2月の開業を目指すという。

「MUSUBI」シリーズでは、街に暮らすように、旅行者にこれまで経験したことのない“新しい旅“を提供し、また、“新しい旅“を通じ人だけでなく地域や文化を豊かにすることを目指している。4名以上のグループ宿泊者をターゲットとし、分散型宿泊施設として、街の飲食店など施設の外へ消費を誘導し、地域経済に貢献していくとのこと。

出典:TATERU

【「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」概要】
名称:MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3
住所:福岡県博多区千代
宿泊可能人数:1棟あたり8名まで
宿泊料金:平均30,000円(税抜)〜/1棟1泊あたり
※8名宿泊時3,750円〜/1名あたり、部屋タイプ・時期によって金額は異なる。
開業予定:2020年2月

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が313、部屋数にして24,194室が提供されている。新規開業予定は13施設、部屋数にして2,254室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI 2、3」2020年2月開業

スマートホテルと投資家マッチング「TABICT PORTAL(仮)」

TATERUbnb「MUSUBI HOTEL京都四条大宮」4月3日開業

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事