ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI 2、3」2020年2月開業

「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI 2、3」2020年2月開業

投稿日 : 2019.12.26

福岡県

新規ホテル情報

株式会社TATERUの子会社である株式会社TABICTが企画開発を行う、町屋タイプの宿泊施設が福岡県博多区に2棟竣工、2020年2月開業をする。

出典:タテル

「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI2,3」は、福岡県博多区の呉服町駅を最寄駅としたTABICTが展開するスマートホテル「MUSUBI」シリーズの町屋タイプ宿泊施設。

上呉服町ではすでに、1棟開業済みだが、この度新たに2棟竣工し、2020年2月の開業を予定。

「MUSUBI」シリーズでは、街に暮らすように、旅行者にこれまで経験したことのない“新しい旅“を提供し、また、“新しい旅“を通じ人だけでなく地域や文化を豊かにすることを目指しているとのこと。

4名以上のグループ宿泊者をターゲットとし、分散型宿泊施設として、街の飲食店など施設の外へ消費を誘導し、地域経済に貢献していきたい考え。

【「MUSUBI HOTEL KAMIGOFUKU-MACHI2,3」概要】
所在地:福岡県福岡市博多区上呉服町
宿泊可能人数:1棟あたり8名まで
宿泊料金:平均30,000円(税抜)〜/1棟1泊あたり
※8名宿泊時3,750円〜/1名あたり、部屋タイプ・時期によって金額は異なる。

TABICTのスマートホテルは、グループ宿泊者をターゲットに、現在では主に福岡県の博多エリアにて展開を行なっている。自社開発の宿泊運用業務を効率化する「bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)」の導入や、コンシェルジュアプリの提供などICTを活用した様々な宿泊施設運用サービスで、無人で運営できるスマートな宿泊施設を企画開発している。

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が313、部屋数にして24,194室が提供されている。新規開業予定は13施設、部屋数にして2,254室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

スマートホテルと投資家マッチング「TABICT PORTAL(仮)」

TATERUbnb「MUSUBI HOTEL京都四条大宮」4月3日開業

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事