ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > AIチャットボット「talkappi」が高知市に導入

AIチャットボット「talkappi」が高知市に導入

投稿日 : 2019.04.24

高知県

インバウンド

多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズは、株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクトと連携し、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」を高知市に導入した。

宿泊施設などに続き、導入先を自治体にも拡大

出典:tosatrip

高知市は、外国人観光客の増加に対応しようと、観光案内の利便性向上に取り組んでいる。今回、高知市は、県内全市町村で圏域を形成し,高知市と県内全域の市町村との連携により人口減少の克服等を目指す「れんけいこうち広域都市圏」の取組みの一つとして、「talkappi」のAIをベースとして用いた外国語観光案内システム「tosatrip」を導入した。

「tosatrip」の導入で、外国人観光客の利便性と満足度を高め、県内全域の周遊促進及び消費喚起を図ることを目的としており、ユーザーは、スマートフォンなどの端末で県内の観光施設やグルメ情報を得ることができる。

アクティバリューズとして、自治体向けに「talkappi(トーカッピ)」を活用した観光案内システムを導入するのは初であり、全国でも珍しい例となる。

【合わせて読みたい】

チャットボットtalkappiが実現する外国人接客コンシェルジュ

チャットボットtalkappiがマンスリーマンション大手のアットインに導入

チャットボット talkappiが大阪東急REIホテルに導入

「talkappi」がソラーレホテルズ運営の2ホテルに導入

AIチャットボット「talkappi」沖縄ツーリストに導入

関連記事