ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スペースエージェントと楽天LIFULL STAY、民泊事業で提携

スペースエージェントと楽天LIFULL STAY、民泊事業で提携

投稿日 : 2019.06.13

指定なし

バケーションレンタル

スペースエージェント楽天LIFULL STAYは、民泊の運営希望者に向けたサービスにおいて提携。スペースエージェントの民泊可能物件に特化した不動産ポータルサイト「民泊物件.com」において、楽天LIFULL STAYが運用代行の掲載を始めることで、民泊の運営希望者による事業参入を促す。

民泊可能物件と運用代行サービスをワンストップ提供

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行以降、民泊事業への関心が高まる一方で、民泊関連のサービスを提供する事業者にとって、民泊に適した物件選定や運営ノウハウの不足を補うことが課題となっている。

今回の提携により、スペースエージェントの主力事業である民泊事業者に対して民泊利用のための許可を得ている物件情報を提供する不動産ポータルサイト「民泊物件.com」のサイト上で楽天LIFULL STAYが設ける一定の条件を満たした物件について、楽天LIFULL STAYが同物件の運用代行業者として掲載される。

事業者が同物件を選択し、運用代行を希望する場合には、「民泊物件.com」を通じて楽天LIFULL STAYと詳細条件を調整した上で、同社に運用代行を委託することができる。

これにより、民泊運営希望者に対して物件探しから運用代行の選定までをワンストップで提供し、事業者のニーズに合った民泊物件の供給を可能にするとともに、より民泊運営に参入しやすい環境を実現する。

スペースエージェントは、国内最大級の民泊可能物件に特化した不動産ポータルサイト「民泊物件.com」や民泊専門のインテリアコーディネート・リノベーション事業を通じて、民泊に関連する不動産開発や仲介、運用事業における幅広い知見を有している。

また楽天LIFULL STAYは、不動産オーナーを対象にした所有物件の民泊運営代行やブランディングなどのサービスの提供、ならびに日本最大級の民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」の運営などを通じて、民泊事業運営における豊富な実績を蓄積。

今回の提携により、両社はそれぞれの強みを活用して民泊事業者に最適なサービスを提供し、民泊市場のさらなる発展に貢献していく考え。

【合わせて読みたい】

スペースエージェント、既存の家具家電を買い取り、安価にリースする新サービス

「Rakuten STAY VILLA」1号店が沖縄・宮古島に開業

「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」山梨県富士吉田・河口湖、滋賀県近江八幡に相次ぎ開業

「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE 佐世保」開業

釜石市、LIFULL、楽天LIFULL STAYが空き家利活用モデル

関連記事