ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スペースエージェント、既存の家具家電を買い取り、安価にリースする新サービス

スペースエージェント、既存の家具家電を買い取り、安価にリースする新サービス

投稿日 : 2019.03.27

指定なし

バケーションレンタル

民泊物件専門の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」を運営する株式会社スペースエージェントは、本日2019年3月27日(水)に、民泊ホストが運営する民泊物件の既存の家具家電を買い取り、安価に貸し出すリース契約を締結する新サービス、家具のリースバックを開始した。

初期投資費用を一気に回収、家具が傷ついても交換可能

出典:スペースエージェント

「家具のリースバック」は、現在顧客が民泊などで使用する既存家具家電を、同社が査定・買い取りし、同時にその家具家電についてリース契約を交わすサービス。
リース費用は月額で設定され、リース契約後はそのままそれらの家具家電を使える。

民泊を始める際に必ずかかる家具家電費用。初期投資としてかかってくる費用の回収をまず一つ目の目標として掲げる民泊オーナーは多い。
「家具のリースバック」なら、まず買取りをしてもらえるので、一旦まとまった現金が手元に戻り、初期投資費用を一気に回収することが可能となる。

月額リース費用の中に家具家電の保険料が含まれており、民泊運営にはつきものの家具家電の消耗に対応。
コーヒーをこぼされてしまっても、ベッドが折れてしまっても、基本的に数日以内に交換対応するという。

月額の費用も1〜2泊の宿泊利益で回収可能な金額設定となっている。

さらに、近日中に新サービス「家具リース定額パッケージ」をリリース予定、既に民泊を始めている人にも、これから始めようとしている人にも朗報となるサービスを展開し、インテリアというアプローチで、さらなる民泊業界の居心地やサービス向上に貢献していきたい考えだ。

【合わせて読みたい】

「HafH(ハフ)」利用可能施設18拠点追加、計23拠点へ

スペースデザイン、民泊×マンスリーのハイブリット運営

スペースデザイン「ビュロー渋谷」2018年11月より民泊開始

民泊支援サービス「MIRANOVA民泊許可事前診断」

関連記事